大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ドルフィン ウォッチング ツアー

<<   作成日時 : 2008/09/27 18:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今回、今まで行った事がないところ、した事がないことをしてみたくて、イルカちゃんを見に行こうとひそかに狙っていました。
このツアーは期間限定で曜日も制約があり、帰る前の日ならなんとか行かれそうだと、前日に香港観光協会に申し込みに行きました。
360$!高いかな?でも個人じゃ行かれないし、日本語でのツアーなので、楽できそうです。

ところが申し込んだ日の夕方、冷たいものを飲みすぎてお腹を壊し、これはもう駄目だ〜…と、キャンセルの電話をしたら、お金は返ってこないと言う!じゃ〜、少し様子を見てから決めようと…!
いや〜びっくりしました、香港でお腹を壊したことなんてなかったのに、余りの暑さに立て続けに冷たい飲み物(氷入り)を飲んだら、てきめんにきてしまいました!
でも単純な冷えからの腹下しだったため、2〜3時間もたつとけろっと治り、翌朝、「キャンセルしないでよかった〜!」と集合場所の九龍ホテルのロビーへ。

見ると欧米人の集団がすでに10人ほど、ツアーの目印にイルカシールを服に貼ってスタンバイ。
私もシールを貼ってよろしく〜!と。
イギルス人らしき女性のガイドさんがやってきて、参加者の点呼を取り(なぜか他の日本人は誰もシールを付けていなくて、ガイドさん少々まごまごしてました…ん?)、日本人6-7名、その他中国人らしきカップルなど、約20名でバスに乗って出発です。

バスで約30分、ランタオ島へ渡り、そこから船に乗り換えて海へと繰り出します。

画像


画像


もっとボロい船を想像していたので、酔ったらどうしよ〜なんて思っていたのですが、とてもきれいな船で、まさにクルージングといった感じで気持ち良かったです。
第一この船を見た瞬間思い起こされたのが、レスリーが「純影集」の写真集でこんな感じの船に乗っていたっけ、とか、こんな船に乗ってタンクトップにジーンズでカッコつけた写真があるよな〜とかとか…一人でめちゃくちゃ嬉しくなってしまい、狭い船の中をうろうろ探検(爆!)、酔う?誰が言ったのそんなこと状態のハイテンションでイルカの生息ポイントへ向かいました

左手に香港国際空港を見ながら、小一時間ほど沖へ沖へとクルージング。

画像


湿気の多い日で、もやがかかっていてあまり遠くまで見通せなかったのですが、よく晴れた日にはマカオまで見えるそうです。

画像


風に吹かれて、とにかく気持ちいい〜〜!!
もしこのツアーでイルカに会えなかったら、次回もう一度参加する権利をもらえるそうですが、ほぼ80〜90%の確率でイルカに会えるそうです。
でも、もしイルカが出てこなくても、この気持ちよさだけでもう充分満足〜!
なんて思っていたら、「いた!あそこ!」と船長さんが声をあげ、イルカがはねた方向へ船をむけました。

いたいた!!
何と香港のイルカはピンクなんです。
なぜピンクなのかは良く分かっていないらしいのですが、子供のうちはグレーで、約10年近くかかって本当にきれいなピンク色になるのです。オスはちょっとグレーが残り、きれいなピンクはメスだけだそうですが、そのピンク色が波間にピョコン!と跳ねて、またあっちでもピョコン!ああ、そっちでも二頭が一緒にヒョン!またヒョン!!
全部で何頭のイルカが見られたのか…それとも同じ子たちが何回も出て来てくれたのか、とにかくいっぱい見ることが出来ました。

いちばん近いところでは船から10メートルのあたりで、しっかり体を波から乗り出してジャンプしてくれたりで、船のあちこちで歓声上がり続けました。

写真は絶対に無理です〜!
あっ!と思った瞬間にもう潜ってしまうし。何十枚もデジカメのシャッターを、やみくもに押し続けてやっとピンクらしき物体の影!一枚だけでした〜。
お粗末さまです〜…

画像


お口直しにこちらはツアーでもらったポストカード。
朱鷺色のようなピンクですが、波間で見えた時は本当にきれいな濃いピンクに見えました。

画像


30分ほど歓声を上げ続けてから船は元の船着き場を目指して帰ります。

画像


ドルフィンウォッチングは夏場限定ですが、もしチャンスがありましたら是非トライして欲しい、香港の超可愛い観光スポットだと思いました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わぁ〜気持ちよさそう〜!
香港ではなんだか感覚が香港価格に…。高い!と思って以前、諦めたのです。

遭遇率80〜90%と聞いて、次回はケチらずに、是非参加したいと思いま〜す。

とまと
2008/09/28 19:58
とまとさん、次回はぜひ行ってらしてくださいね。
自分で行かれる所ならツアーは高いと思うけど、ツアーじゃないと行かれないのだから、乗るっきゃないです。
こんな可愛いピンクイルカがいるってこと、香港観光協会はもっと宣伝すればいいのに〜と思っちゃいました。
ローラ
2008/09/28 20:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドルフィン ウォッチング ツアー 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる