大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 投名状 (ウォーロード 男たちの誓い)

<<   作成日時 : 2009/05/18 01:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

TOHOシネマズ六本木は毎月14日が1000円の日になります、ってこれ私初めて知ったんですが、皆さんご存知でしたか?
偶然見に行こうと思った日が14日で、「ウォーロード」と「ビバリーヒルズチワワ」の二本立てをしてきました。

画像


☆「ウォーロード」(原題 投名状」
監督 ピーター・チャン
出演 李連杰 金城武 劉徳華 シュ―・ジンレイ

あまりいい感想を聞いていなかったけれど、去年の金像奨や金馬奨を総なめにした作品だから、どんなものかと見てみました。

非常に面白かったです。
ま、戦闘シーンの殺戮場面がとにかくすごかったのですが、そのシーンは、ほぼ薄目状態で見たので、何とか見られました。
3人の男たちの友情を芯に、清朝末期の混乱から起こるいくつもの戦いをくぐりぬけて行く男たちの姿が、時に誇らしげに、時に葛藤をしながら、人として生き抜くことの難しさを描きます。
それぞれの役割がきちっとしていて、話も必死でついていけばそう難しくなかったし、見ごたえありました。

ジェット・リーの戦いの場面のアクションは小気味よくて、本当にきれい!
華仔は時々ハッとするような香港じこみのかっこよさ!
金城君は弟的な位置で、あにきを頼る子犬系の目が可愛かった!

華仔の奥さんで、ジェット・リーに思いを寄せるシュ―・ジンレイ、見たことあるな〜、それもごく最近…って思ったら、「新宿事件」でジャッキーのフィアンセ、その後加藤雅也の奥さんを演じた女優さんでした。
どうも中国の女優さんって覚えられなくて…
凛としたきれいな女優さんです。

ただ、なんとなく話のつながりが悪かったり唐突だったり、居心地の悪さがあったのですが、これが後で聞くところによると、香港版とインターナショナル版とでは編集が違っていて、そのインターナショナル版に関しては、ピーター・チャンも決して納得したものではなかったそうです。

アメリカ人の制作者がかなり勝手な解釈で手を入れ、カットをし、本来の脚本をいじりまわしたらしいのです。
何も知らずに見れば、それなりに面白いと思ったのですが、香港版とインターナショナル版の違いを詳しく調べると、当然香港版の方が登場人物の情感や、心の機微などがストーリーに載せて丁寧に描かれているようです。

随分乱暴なことをするんだな〜と香港映画(あ、中国映画かな)がアメリカに出て行くことの難しさを感じました。
香港版で見たかったな…

ラストのエンドロールで流れるジ・アルフィーのエンディング曲は、これはもう全く映画と合っていなくて、残念でした。
最後に日本語の歌を入れる必要は…あるの?
しかもエンドロールもタイトルロールもすべて英語で、これには困った。
我々香港映画好きは漢字の名前を見て「ピーター・チャン」「アンディーラウ」と脳内変換するわけで、英語オンリーだと全部読まなくちゃいけないし、誰だか判りませ〜ん。

せっかくいい作品だと思ったのに、もっといい香港版があるということで、かなりへこみました。


画像


☆ビバリーヒルズ・チワワ
ディズニー作品

はい、これは先日香港行の飛行機の中で見た映画。
冒頭のシーンを見損なったので、完全版を見たくてね。

チワワのクロエの声はドリュー・バリモア
クロエを助けて一緒に旅をする元警察犬、シェパードのデルガドの声がアンディー・ガルシア
見事にマッチ!特にデルガドは、渋くてセクシーないい男!の雰囲気がぴったり。
そして一番の魅力はクロエの女優ぶり!うるうるした眼に引き込まれてしまいます。

メキシコで迷子になったセレブ犬チワワのクロエが、野良犬達の助けを借りながら、飼い主の元を目指す、ロードムービ?!
途中でダイヤの首飾りを狙う悪者に追いかけられたり、チワワの発祥の地、メキシコの山奥の秘境でチワワ連合に出会い、チワワの心意気を教えられたりと、ま、どたばたと展開するのですが、セレブな生活しか知らなかったクロエが、野良犬達と暮らしながら人生の本質を見つけ出していく…とちょっと大げさですが、そんなハートウォーミングな作品です、
人間との関係も実に暖かく描かれています。
もちろんディズニーですから、悪役の悪者以外は、みんないい人、いい犬です。
たまにはこんな気楽に楽しく見られる映画も悪くないです。

もう一回、今度は日本語吹き替えで見ようかな…って、おいおい!
ちなみに字幕で上映しているのはTOHOヒルズ六本木だけ、他は全て日本語吹き替えです。
う〜ん、子供向き映画として仕方ないのかもしれないけれど、もう少しオリジナル版を大事にしてもいいのではないかな〜。

−追記−
上の娘が見て来て、「良かった〜!良かった〜!」と大感激。
「3回泣いちゃった!」、って3回もそんなポイントあったっけか?(笑!)
でも映画としてとても内容がしっかりしていて、細かいところもきちんと出来ていて、すごく良かった!!そうです。
薦めた甲斐がありました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
投名状 (ウォーロード 男たちの誓い) 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる