大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 松本散策

<<   作成日時 : 2009/11/13 02:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

美ヶ原温泉の二日目は、朝から温泉に浸かり、旅館ならではの定番朝ごはん。
普段朝はパンとコーヒーの人なので、朝からご飯を頂くのは久しぶりで、おいしい〜!やっぱり日本人だな〜て思っちゃいます。
なんといっても自分で作らなくていいご飯はおいしいです。

画像


ゆっくり宿を出て松本へ。
特になにも予定していなかったので、観光協会でもらったガイドパンフを見て松本美術館へ行くことに。
駅前から出ている可愛いタウンスニーカーという名前のミニバスに乗ります。

このタウンスニーカーは、幾つかのルートがあり、松本市内をぐるりと周遊していて、観光にもとても便利です。

町もそんなに広くないので、一回りしてもたいして時間はかからないし、乗り降りもとても楽です。
ほぼぐるりと町を一周して、美術館に到着。

ここには世界的アーティストの草間彌生さんの大きなオブジェが玄関前に飾られています。
80歳を超すおばあさまの草間さんですが、その活力あふれる創造性が素晴らしいです。

画像

草間さんの特徴の水玉模様で彩られています。
さらにこんな水玉の作品が…

画像


一番上の缶ジュースは作品ですが、下段はちゃんと本物で、普通の自販機です。

画像

可愛いです〜。

さて、この美術館の近くにお人形の展示資料室を開いているお店があるようで、ガイドパンフの雛人形の絵に惹かれて…もう少し美術館を見ているわ、という姉を置いて一人で『ベラミ人形店』を訪ねました。

美術館からワンブロックほど歩くと見つかりました、とっても古い民家のような和風建物で、ガラガラとガラス戸をひいて中へ入ると、そこには昔懐かしい世界が広がっていました。

松本の伝統工芸品の押絵…説明するのはちょっと難しいけれど、キルティングの様に厚みを持たせた薄い人形…羽子板に浮き上がっているあの絵の様な人形、で分かるかな?

お店にはアンティークの押絵が硝子戸の中にずらりと飾られています。

画像


画像


画像


お雛様もこんな感じ。

画像


これは七夕のお飾りにする人形。
画像

子供の浴衣を人形に着せて厄落としをしてから、子供に着せる、そんな風習だったそうです。
今もあるのかな?
これが七夕飾りに下がっていたら…ちょっと怖いですね。

これは松本の民芸品姉様人形

画像


他にもお雛様の小物や、細かい手仕事のもの、可愛いものがい〜〜っぱい!!私の好きなものがい〜〜っぱい!!お店の人にいろんな人形にまつわる話や風習の話をしてもらい、楽しくて時間のたつのも忘れてしまいそうでした。
お店の方、この家のお嫁さんだそうですが、家業をとても愛していて、大事に思っているのが伝わってきて、暖かい気持ちになりました。とても楽しかったです、ありがとうございました。

美術館に置いてきた姉を思い出し(笑)、小物を少し買ってようやく店の外へ。
古い看板も魅力的でした。

画像


次に町の真ん中にある四柱神社へ。
どうやら縁結びの神様のようで、姉は2人の息子ため、私は2人の娘のため、丁寧に手を合わせてきました

秋色に染まっている神社です。

画像


画像


松本駅でパタパタとお土産を買い、『あずさ』に乗って、遅めのお昼に駅弁を食べながら帰って来ました。

画像


短い旅でしたが、ちょっとリフレッシュ出来ました

今回、松本城は遠くから眺めただけですが、小ぶりできりりと引き締まった風情のお城は、なかなか美しいです。
町の人たちが古いものを大切にしている様子が素敵だし、なんとなく芸術の香りのする町ですね。
またゆっくり行ってみたいと思います。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
若い頃は(爆)スキーのインストもやっていましたし、安曇野には大学時代の友人の実家があるので松本から白馬までは数知れず行っております。この辺りは大好きなエリアです!美ヶ原はやはり大学時代の友人達と浅間山温泉泊で出かけましたが、霧で何も見えずなんていう悲しい思い出が(笑)
ビンゴ
2009/11/13 14:11
ビンゴさん、なかなかのスポーツウーマンだったんですね、いや、今もかな(笑)
私は毎年車で白馬を超えて富山の主人の実家へ行っていたのですが、いつも通り過ぎるだけで残念な思いをしていました。スキーは苦手だし、アウトドアは全然駄目なので、温泉が一番です〜!
ローラ
2009/11/13 18:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
松本散策 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる