大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりに歌舞伎!

<<   作成日時 : 2010/01/19 18:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

新橋演舞場の初春花形歌舞伎、夜の部を見に行ってきました。
演目は、『伊達の十役』〜市川海老蔵の一人十役の早変わりと宙乗りが見せ場の派手な出し物です。

画像


劇場は新春らしい華やかさにあふれていました。

画像


今が旬の男、海老蔵、さすがですね〜〜!!
目にもとまらぬ早替りに、客席からは引きもきらず拍手喝さいが送られます。
長い長い演目ですが、ボケ〜っと寝ている暇はありません。
下手に引っ込んだと思ったら、上手から現れる、なんてことは朝飯前、
それも女性から男性に、姿かたちをがらりと変えてポン!と出てくる!
さらに花道の途中ですれ違いざまに入れ替わる…なんてことも。
もう、ある種のマジックとしか思えません。

そのたびにやんややんやの大喝采!
みえを切ってまた大喝采!
宙をゆるりと歩き倒して大喝采!!
見たか海老蔵ここにあり!で、舞台の上も客席も熱気がいっぱいでした。

すごいな〜〜…海老様ワンマンショーだわ…
歌舞伎は役者で見る物よ、と歌舞伎好きの姉が良く言うのですが、
まさにこれがそうか…と。

すごいな〜〜〜!!
ただただ唸りながら帰って来ました。
名前で客を呼べる役者、そう多くはいないですよね、
まさに今が旬の海老様、恐れ入りました!

共演で中村獅童が出ていて、
どちらかと言うと獅童の方が好きかな〜〜なんて思っているのですが、
う〜ん…
テレビだとカッコ良く見えるんだけど、
舞台では…存在感がちょっと小さい。
多分すらりとしていて顔が小さいから、それで舞台上の見栄えが損をしている気がします。
今風のカッコイイスタイルは、歌舞伎ではあまりプラスの要素にならないのかもしれませんね。
でも頑張れ〜!です。

新橋演舞場に行く前に銀座の歌舞伎座の前を通りました。
もうすぐこの立派な劇場が壊されてしまうのかと思うと、とても残念です。

画像


子供のころ歌舞伎好きの父親に連れられて、4階の幕見席で勘九郎の芝居を見たのをふと思い出しました。
やっぱり寂しいな。

追記:あ、勘三郎でした…でも、まだ子供だった勘九郎も見ましたっけ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりに歌舞伎! 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる