大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾映画2本

<<   作成日時 : 2011/10/10 00:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

香港ご飯も佳境に入ったところですが、ちょっとお休みして、先週レンタルしてきた台湾映画をご紹介します。

丁度昨日は東京国際映画祭のチケット発売日でした。
今年は興味を引く作品が少なくて、例年に比べると半分位の本数しか見る予定はありません。
昨日チケット全部そろいましたが、とにかく残念なのが香港映画が少ない事!
普通の香港映画でいいから、もっとやってほしかったです…

去年は見たいのがたくさんあり、特に台湾映画特集などチケットが超激戦で買えなかったのがいっぱい。
先週レンタル屋で去年見そこなった映画2本を発見し、借りてきました。
公開もされたんですけどね、それも見そこなっちゃって…やっとです。

☆「台北の朝、僕は恋をする」

監督 : アーヴィン・チェン
出演 : ジャック・ヤオ、 アンバー・クォ、 ジョセフ・チャン、
      クー・ユールン、

なんとなくゆるいラブストーリー物かと思っていたのですが…
とんでもなくおかしなギャグテイスト満載、なのに何処かノスタルジックな暖かさのある不思議な作品で、超好みのタイプなので嬉しくなりました。

主役の男の子と女の子はごく普通の若者なのですが、取り巻く脇役たちがひとくせもふたくせもあって、特に主人公の親友の男の子がめちゃくちゃ脱力系の普通すぎる子です。
更に彼らが事件に巻き込まれるのですが、その犯人たちの脱力ぶりも半端なく、ずっとずっと可笑しさをこらえながら、吹き出しながら、楽し〜〜く!!見ました。

親友の脱力系男の子は「花蓮の夏」のジョセフ・チャン、そうかあの子か、味のある役者です。
犯人たちのリーダーが、どっかで見たことあると思ったら、クー・ルーユン!!上手いはずです。
歴長い俳優さんですよね。でもいまだに若者の役がぴったりはまるのにはびっくりしました。

フランスへ行ってしまった恋人を追いかけて、フランスへ行きたい男の子、でもお金がなくて知り合いの町の顔役にお金を借ります。そして、お金を貸す代わりに小さな荷物を届けてほしいと言われ、中身も知らないままに引き受けてしまいます。
その荷物を狙うおバカ集団。
おバカ集団につかまって人質になる親友。
さあ、どうなる…って感じですか。
あまりに面白くて気に入ったので、皆さんにも見てもらいたい!ので、ネタばれしないようにこれ以上の説明はやめておきます。

舞台のほとんどが夜の台北ですが、街がとても魅力的に描かれていました。

エンドクレジットに「エドワード・ヤン監督に感謝する。」の言葉が出て、この監督さんが故エドワード・ヤン監督の助監督だったと知りました。
そういえばクー・ルーユンもヤン監督の常連さんでしたね。
ちょっとひねったコメディタッチの映画がお好きな方にはガチ、お薦めします。

もう1本。

☆「モンガに散る」

監督 : ニウ・チェンザー
出演 : イーサン・ルアン、 マーク・チャオ、 マー・ルーロン、 
      りディアン・ヴォーン、 クー・ジャーヤン


前評判も高く、見た人の評価もとても良かったので、是非見たいと思っていましたが、ちょっと暗いかな…なんて、少し二の足を踏んでいました。

さて見終わって、確かに暗いかもしれないけれど、実は激しく熱い青春物であることが判りました。
眩しいほどの若者たちの青春と生きざまの前には、暗いなんて言葉は色あせました。

「すさまじく素晴らしい映画!!」
この言葉をこの作品に贈りたいです。

高校をドロップアウトして、極道の世界へと招かれた男の子は、そこで初めて友達ができ、義兄弟の絆を結びます。
彼ら4人は友情で結ばれ、一緒に極道の道を学び、少しずつ大人の世界へと階段を登って行きます。

徐々に極道の抗争問題に巻き込まれ、裏切りがあったり復讐があったり、良くある展開になるのだけど、最後痛い痛い血まみれ状態での戦いを見ながら、泣けてしょうがなかった。
こんなに心を揺さぶられる暴力シーンなんて、めったにあるもんじゃないです。

イーサン・ルアン、目がいいです、上手いです。
監督のニウ・チェンザーも、美味しい役どころで出演。いい男だからついついカッコつけちゃいますね。でもちょっとなごみました。

ラストシーンで男の子が極道に誘われる時の情景をフィードバックして見せてくれることで、気持がふっと明るくなりました。

上手い映画作りだな〜〜と感心してしまいます。

今、台湾映画は青春物に関しては他の追随を許さない状況だと思います。
いろんな青春物を見せてくれます。
今回見た2本とも、青春物としては変化球ですが、それでストライクなのがすごいです。

いい映画を見た満足感に浸っています。


でもね、でもね、
直球デッドボールや、剛速球大暴投の…香港映画もやっぱり好きです〜。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾映画2本 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる