大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 『道』 あの名画です。

<<   作成日時 : 2011/12/06 22:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

現在TOHOシネマズでは、「第二回 午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」というイベントをやっています。
去年選ばれた50本に今年はさらに50本加わって、毎週1本ずつ全国の20館ほどのTOHOで上映しています。

先週、六本木で「道」をやっているのに気がつき、古いな〜〜と思いながらちょっとストーリーを読んでみたら、
えっ!!あれ?私この映画見ていないわ!!!
とても有名映画なので、何だか知っている気がしていただけだったみたいです。
あわてて見に行ってきました。

☆「道」

監督 : フェデリコ・フェリーニ
出演 :  アンソニー・クイン、ジュリエッタ・マシーナ

内容はもう今更でしょうから、詳しくは触れませんが、
とにかくせつなくて、せつなくて、でも不思議な位の明るさもあり、こんな心の琴線にダイレクトで語りかけてくる映画って、衝撃でした。

実は「道」が気になった理由は、2年前、バンクーバー冬季オリンピックの時、フィギュアスケートの高橋大輔くんがフリーの演技でこの曲を使い、銅メダルを取ったので、ジェルソミーナの旋律が妙に心に残っていました。
あの演技は大好きで、4回転は失敗したけれど、そんなこと気にならない位の表現力に感動しました。
(その年の世界フィギュア選手権では優勝でした。)

今回映画を見ながらも、最初の内はジェルソミーナの曲が流れると、大ちゃんの演技の姿が目に浮かんでいました。
その内頭の中が真っ白になる位、映画の世界に入り込んでいました。

ラスト、アンソニー・クインが海辺で、後悔とジェルソミーナへの思いとで泣き続けるのを見て、全てを許す気持になりました。
悲しいけれど、余韻さわやかな不思議な映画でした。
これが名作っていうものですね。

家に帰ってからすぐバンクーバー五輪の大ちゃんの演技を見直しました。
美しくて哀愁を感じさせるフリーの演技に感動新たでした。

私にとって2度美味しい「道」でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『道』 あの名画です。 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる