大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 香港映画『盗聴犯〜狙われたブローカー〜』

<<   作成日時 : 2012/08/06 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

六本木シネマートで香港映画特集が開催中です。

とにかく面白い!と評判の高い『盗聴犯』を見て来ました。

画像


お昼の回に出かけたら、ロビーが超満員…こんなに混んでいるのって、何?
やっぱりグンちゃん祭かしら?

ああ、水曜日でレディースデイ、更に1日で、映画の日でした。
もちろん韓流ファンたちもたくさんいらっしゃったようですが、久々に混みあった場内で香港映画を鑑賞。
たまにはこういうにぎわいも嬉しいです。

ロビーに貼られた写真たち。

画像



☆『盗聴犯〜狙われたブローカー〜』

監督・脚本 : アラン・マック&フェリックス・チョン
出演 : ラウ・チンワン、ダニエル・ウー、ルイス・クー、ケネス・ツアン

名うての株ブローカー(ラウ・チンワン)が謎の男(ダニエル・ウー)に付け狙われ、車の事故を起こしてしまう。
事故現場へ来た警察官(ルイス・クー)が車から盗聴器を発見、犯罪の匂いを嗅ぎつけ、ブローカーの身辺を洗い始める。

株市場を舞台に、古くから暗躍する「地主会」という組織が浮かび上がり、その頭目にケネス・チャン。

香港映画界の重鎮を悪役にすえ、今や香港映画を代表する上手い役者ラウ・チンワンと、円熟の演技を見せるよになったルイスやダニエル、少し前の若手、が、がっぷり四つに組み、ぐいぐいと作品の中へと引き込まれて行きました。

いい男になったな〜〜、ダニエル!!
怖さ、強さ、そして哀愁まで漂わして、思わずうっとりしてしまいました。

大分中年のおじさん風に役作りをしたルイスですが、実はもうそんな年ですよね。等身大の演技というかんじで好感度大でした。

何をやらせても器用なラウチン、上手いから〜、やっぱり最後は彼の味方になってしまいました。

そして、出番は少なくても、ケネス・ツアンが出てくると、それだけで香港映画だ〜〜!!と、大満足です。

株が主役の展開は、香港人ならすんなりと分かるのでしょうが、ちょっと我々には難しかった。
でもそんな事少々すっとばしても全然大丈夫で、本当に面白かったです。

まだしばらく上映中です。
是非是非と、お薦めします。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しております。
7月後半から3回東京へ出掛けていたのに、用件が済むとすぐ帰らなければならず行けなかったのですが、昨日ようやく六本木で観てきましたよ〜!盗聴犯!!!
実は武蔵野館とシネマートを直前まで悩み(あきおちゃんとらうちんで)結局ルイスもひこそも出演している盗聴犯に決めました(笑)
仰るとおり、ひこその演技が素晴らしかった。
土に埋められるシーンでは、あまりに切なくウルッとしてしまいました。
中環がロケ地だった事もあり広東語にワクワクし、内容も面白く引き込まれました。
日本で香港映画を久し振りに観ました。
ビンゴ
2012/08/15 13:01
ビンゴさん、お久しぶりです!
見ましたか、『盗聴犯』!!
只今珍しく、どれを見ようかと迷う嬉しい状況の東京ですが、そうなればなったで忙しい…
明日は武蔵野館に行こうかな〜って思ってます。
広東語の映画はただ聞いているだけでも楽しいのに、その上内容も良ければ言う事無し!しばらくは映画三昧です。
ローラ
2012/08/15 17:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
香港映画『盗聴犯〜狙われたブローカー〜』 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる