大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 騒音歌舞伎「ボクの四谷怪談」

<<   作成日時 : 2012/10/04 09:33   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

すみません、香港レポートが遅々として進まない中、先日見てきたミュージカルの話をちょこっとさせて下さい。

会場は渋谷のシアターコクーン。

画像


脚本 : 橋本治
演出 : 蜷川幸雄
出演 : 佐藤隆太、 小出恵介、 勝地涼、
      栗山千明、 三浦涼介、 尾上松也、 谷村美月、


テレビや映画でおなじみの役者さん達に、歌舞伎の尾上松也が加わって、蜷川演劇…そりゃ〜もう、はちゃめちゃ。

現代と言っても舞台は70年代…の若者の姿に、昔々の忠臣蔵と、四谷怪談(お岩さん)をブレンドし、現代の世界に有りながら、浪人だの士官だの、江戸時代の言葉が端々にちりばめられます。
スーツやジーンズに刀を差した姿も何だかとても違和感なく、妙な空気感の中で異次元の世界がくり広げられました。

ミュージカルですから、歌あります。
皆、頑張って歌っていましたが、やはり歌手でない俳優さん達の頑張り感がちょっと辛い…でも舞台の勢いに押し流される感じで、まあ、聴けました。
ダンスも…ですよね(笑)

その中で、歌手でダンスも上手い!三浦涼介君の存在が光っていたのは当然。
りょん君の歌いだしの一声で、ああ、これは歌手の声!安心して気持ち良く聴く事が出来ました。

ただね、りょん君の役どころが、やっぱりね…の
いたいけな良家の少年が夜の公園で「ねぇ〜お兄さん!」的な役。
若い頃のレスリーもそうだったけれど、美しすぎる子はどうしても役柄が狭くなってしまう…
演技もとてもうまいのだから、もっといろんなりょん君を見たいけど、今はしょうがないか。

オープニングで全員が舞台に立ち、ダンスを繰り広げる中、りょん君は尾上松也を相手に見事にダンスを決める!!
歌舞伎と今どきダンスの融合はとても素敵でした。

そのオープニングの5分で、いや〜ん見に来て良かった〜!!もう満足〜〜!!になりましたが、約3時間の舞台、達者な役者さん達の演技に引き込まれてあっという間でした。

中身はハチャメチャです!
でも、舞台構成や演出も不思議な雰囲気で、面白かった。
とても心地よい舞台でした〜!!


いつもいつも、りょん君りょん君ですみません

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
騒音歌舞伎「ボクの四谷怪談」 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる