大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 先月見た映画 そして香港

<<   作成日時 : 2014/12/06 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10月11月と3本の香港映画を見ましたので、まとめてアップします。

どれも大分記憶が薄れてきていますが、完全に忘れないうちに記録しておかなきゃって焦っています。
いずれも場所は六本木のシネマート、今や香港映画はここでしか上映してくれないのか…でも見られるだけ幸せです。


☆「ファイヤーストーム」(原題:風暴)
画像


監督:アラン・ユエン
出演:アンディ・ラウ、ヤオ・チェン、ラム・カートン、フー・ジュン

正義至上主義の刑事をアンディが好演。
少々度が過ぎる真っ正直はだんだんと無理がたたって歪んできます。
こういうアンディーはなかなか見ごたえありました。

いつも比較的いい一役が多いラム・カートンがチンピラ役でダメ男を好演、でも何となくしっくりこなかったけれど、根はいいやつ、って感じにうまくまとまっていました。

演技派に目覚めたアンディー、それでもアンディーはアンディー、なのに納得のかっこ良さでした。

ロビーにアンディーの映画のポスターを並べたポスター(笑)がありました。
おお、見たことのある作品が!
「欲望の翼」と「新上海灘」、レスリーとアンディー、当時香港を代表する2大スターでしたね。

画像




☆「レクイエム 最後の銃弾」(原題:掃毒)
画像


監督・脚本: ベニー・チャン
出演:ラウ・チンワン、ルイス・クー、ニック・チョン

ベニー・チャン監督で面白くないわけがない!
ラウチンもルイスもニックも、それぞれの持ち味を十二分に生かしてスクリーン狭しと大活躍。
子どものころからの仲良し3人がそろって麻薬撲滅に命をもやす刑事に。
息もぴったり合った捜査を繰り広げます。

壮大なスケールで派手なドンパチ、舞台は広いし、追っかける悪はでかすぎるし、衝撃の展開からあっと驚くどんでん返しまで、息つく暇がないほどの面白さでした。

公開されたという事は、DVD化されるのでしょうね。
DVDが出ましたら、ごらんくださいね。



☆「ファイヤー・レスキュー」(原題:救火英雄 )
画像

ポスターの下に飾られているのはニコとショーンのフィギュアです。(似てない…)

監督:デレク・クォック
出演:ニコラス・ツェー、ショーン・ユー、サイモン・ヤム

火事を主題にした作品は色々ありますが、今回はスケールが超大きかった!!
そのスケールにびっくりするくらいで、後はよくある展開、でもある意味裏切らない面白さでした。

ニコとショーン、この二人のカッコいい男たちを見ているだけで顔がにやけてしまいます。

今日で定年退職、というサイモンはお決まりの死亡フラッグ(絶対に死ぬよね〜この人、)が上がっています。

規模が大きいだけで、中身は今まで出尽くした感のある火災もの、でもやっぱりこういうのは永遠の面白さです。

きっとエンドクレジットに「香港の消防士に捧げる」、とか出るよねと思ったら、
「全世界の消防士に捧げる」と、これまた話がデカかったです(笑)


はい、やっと3本のアップが出来ました。


このところまた香港の民主化デモが騒がしくなっています。

実はこの問題が平和裏のうちに収束するまで何とも気持ちが落ち着きません。

暴力によって排除されることが無いように、誰も傷つかないように、今やむなしい思いですが願ってやみません。

ハンガーストライキを行っている若者たちもいます。

どうか身体を大事にしてください。冷静な判断と行動力は健全な身体こそが原動力です。

デモで座っている香港の若者たちへ伝えたいです。

あなた達の声はもう充分世界へ届けられました。

あなたたちが行動を起こしたことで、世界中の目が香港に注がれました。

これからは世界中が、香港を見守り続けます。

あなたたちの活動は充分に役目を果たしたと信じます。

どうかこれ以上危ない思いをすることなく、皆、無事に家に帰れますよう祈ります。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
先月見た映画 そして香港 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる