大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新宿ミラノ座

<<   作成日時 : 2014/12/25 00:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

日本最大の映画館、新宿ミラノ座が今年いっぱいで閉館します。

ここは「レスリー・ナイト」が行われた場所。
映画「新上海灘」とCDアルバム「プランタン」のプロモーションのために来日したレスリーが、この映画館でトークショーを行い、続けてオールナイトでレスリーの映画が上映された、思い出の映画館です。

今、ミラノ座では「新宿ミラノ座より愛をこめて〜LAST SHOW〜」と銘打って、これまでミラノ座(TOKYU MILANO・旧新宿東急文化会館)で大ヒットした作品の数々を特別上映しています。

なんと500円!
まさにミラノ座より愛をこめて映画ファンへのプレゼントです。

今日24日は「男たちの挽歌」が上映されました。

この作品が今回の特別上映に選ばれたことが嬉しくて、意気揚々とミラノ座に向かいました。

画像


中へ入るとロビーにたくさんの懐かしい映画ポスターが並んでいました。

画像


画像


画像


画像


劇場の扉にはちゃんとこのポスター(チラシかな?)が貼られていました。

画像


館内に入って座ると、自分で思っていた以上にレスリー・ナイトの思い出が強く呼びさまされて、あの時自分が座っていた席などに目をやり、レスリー登場の場面などが目に浮かんできました。
その時点ですでにウルウル…

上映前に現在のミラノ座の支配人からご挨拶がありました。
画像


ぼけぼけの写真で申し訳ないのですが、その心温まる言葉に大きな拍手がおくられました。

さあ、「男たちの挽歌」の上映です。

冒頭のクレジットには、監督、製作、編集、撮影と、当時のそして今もなお香港映画を支え続けている映画人たちの名前が並び、懐かしさに感無量です。

大画面で見る挽歌は、今まで何度も見ていて分かっていることでも、何だか初めてのような気がするし、実際新しい発見もあったりして驚きます。

当時(80年代半ば)の香港の街もたまらなく懐かしくて、自分は香港人か?!と、思わず突っ込みも(笑)

そして大きなスクリーンで見るユンファさんのカッコいいこと!!

この映画に入り込むと、完全にユンファさんにのめりこみます。

レスリーはただのわがままなお子ちゃまだったりして…またお前か、いい加減に目を覚ませ!
などと、ファンにあるまじきつぶやきを心の中でぶちぶちと…
でも若くて、めちゃくちゃ肌がきれいで、美しいです。

兄のティ・ロンへの有名なセリフ「俺のことは刑事さんと呼べ!」このあたりでまたもウルウル…

ラストに向かってもうどんどん気持ちが入り込み、エンドクレジットで流れるレスリーの歌を一緒に口ずさみながら、ウルウルがぽろぽろになってしまいました。

そして、上映終了後の客席からの拍手に大感動でした!!


この「ミラノ座より愛をこめて」は、30日まで続きます。

「男たちの挽歌」は、29日(11:00)(13:00)にもう一回上映があります。

大掃除放り出しても見に行く価値あり…かも(^^;)


ロビーにクリスマスツリーが飾られていました。

画像


私は今日素敵なクリスマスプレゼントをもらった気分で、すごく幸せです。

皆様にも      メリー・クリスマス!!






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新宿ミラノ座 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる