大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 沙田のお寺へ

<<   作成日時 : 2015/04/19 15:38   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

沙田のお寺「寶福山」には、レスリーのマネージャーだったフローレンスさんが作ったお墓があります。

実は今まで一度も4月1日にそこへ行ったことがなかったのですが、友達に誘われて、初めて行って来ました。

沙田の駅で待ち合せたのですが、
友達を待っている間も、次々と花を抱えたグループが駅を出て、お寺の方向へと歩いていきます。その人波は途切れることなく続いていました。

山門です。
画像


山を上がって廟の中へ入ると、壁面の中央に、レスリー、羅文(ローマン・タム)、沈殿霞(リディア・サム)の三人を祀った場所があり、その前では今まさに法要の準備が進められ、次々に運び込まれるお花や果物が供えられて、それはそれは華やかに飾り付けられていました。
 
フローレンスさんと、彼女のスタッフたちが最初にお線香をもってお参りし、次々にファン達もお線香を手渡されて、レスリーの前へ進みお参り…三度お辞儀をします。
出口でお線香はお寺のスタッフに回収され、終了です。

ここで、フローレンスさんが記者たちに囲まれてインタビューを受けていたのですが、翌日の新聞にその内容が出ていました。
記者たちが、レスリーの60歳をお祝いして音楽劇をやると言っていたがそれはどうなったのか?と聞くと、フローレンスさんは、
「来年の4月1日には、必ずファンたちのためのイベントを開きます。今の段階ではまだ何も言えないが、詳しい情報は2〜3か月後にネットでくわしく発表します。」

記者が、哥哥には伝えましたか?と聞くと、
「哥哥とは今お参りの時に心の中で話しました。」さらに言葉を続けて、
「今日は平日だからファンはあまり多くないと思っていたが、たくさんのファンたちが来てくれて感動しました。」
このような内容だったと記憶しています。

実際お寺にやって来るファンの列はひきも切らず続き、本当にたくさんの人がお参りに訪れていて、ちょっと感動しました。

画像



こちらに日本のファンからの千羽鶴が紹介されています。
更にそのサイトから、フローレンスさんのFacebookに飛ぶと、たくさんのお寺の写真を見ることが出来ます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沙田のお寺へ 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる