大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS [ミッドナイト・アフター」ロケ地 大埔へ

<<   作成日時 : 2015/05/05 01:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

香港レポートに戻ります。

昨年の東京国際映画祭で観た映画、「那夜凌晨我坐上了旺角開往大埔的紅VAN」
日本題「ミッドナイト・アフター」、この映画のロケ地、大埔(タイポウ)へ行って来ました。

もちろん、行くからには紅VAN…赤い小巴(ミニバス)に乗っていきます。

旺角のミニバス乗り場がかなり複雑で、最初に聞いた人が、とんでもなく間違えてくれたので、正しい場所を見つけるのに30〜40分、時間がかかってしまいました。

やっと見つけたミニバス乗り場…
画像

ところが待っても待ってもバスの姿が見えず、なんか変です。
近くにいたおじさんにここでいいのかと乗り場を聞くも、よくわかりません。

ところがそのおじさん、なんとわざわざ他の人に聞いてきてくれて、そこは夜の乗り場で、昼間はあっちだよと、教えてくれました。
その優しさに感激。

やっとバスに乗車です。
画像


画像


バスはお客さんがいっぱいになるまで動かないので、席が埋まるまでちょっと待たされましたが、やっと出発です。

走り出してしばらくすると窓の外に、香港の人々に最も愛されている山、獅子山が見えてきました。

画像


ほどなく獅子山トンネルを通過。
映画では、このトンネルを抜けると、タイムスリップしちゃったんですよね。
あっという間に通過でもうちょっと獅子山トンネルにワクワクしたかったです。

なんとなく映画で見た郊外の風景が重なりながら、40分ほどで大埔に到着。

降りるポイントが判らず、とりあえず終点まで乗ると、そこは大きなショッピングセンターで、大埔の中心地のようでした。

画像

大きな高層階の住宅がにょきにょきと建っていて、郊外住宅地…とても大きな町です。

終点の前に通ってきた広い大きな商店街を目指して戻るか、面白いよと勧められた鉄道博物館に行くか、友達と協議。
結果、あの映画のロケ地の茶餐廳を探したいね、ということでにぎやかな商店街を目指します。

右往左往したものの、最後はDVD屋のお姉さんに教えてもらって見事に茶餐廳を発見!

画像


画像


ロケ中のサイモン・ヤムとお店の主人との2ショット写真がガラスに貼ってあったから、間違いありません。
意外に大きくて立派な茶餐廳でした。

実はこのお店を見つける前、右往左往中に他の茶餐廳で一休みしてしまったので、もうお店に入っても何も食べられないので、外観だけしっかりカメラに収めてきました。
もう一度、今度は中へ入ってゆっくりしてみたいです。

これですっかり満足して、帰りは東鐡線で大埔墟駅から紅磡(ホンハム)へと戻りました。


さて、紅磡へ戻ると、ついつい紅磡体育館、へ寄りたくなります。

レスリーのコンサートで何度も通った紅館(ホングン)、通りのこちら側から、今も変わらない四角い姿を見て、感慨にふけってしまいました。
画像


この日のコンサートは、呉國敬、
1992年、映画「藍江傳之反飛組風雲」でレスリーと共演した俳優さんです。
そういえば、歌手でもあったような…
画像


今も紅館でコンサートを開けるほどのアーティストとして活躍しているのですね。
ちょっと嬉しかったです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ローラさん。
私も大埔行きました。目的は鉄路博物館と華輝茶餐廳のアップルパイ目当てでした、ミシュランに載ったとか出ていたので行ってみました、映画のロケ地とは知りませんでした。
是非、「那夜凌晨我坐上了旺角開往大埔的紅VAN」見てみようと思います。
花襲人
2015/05/06 08:53
花襲人こんにちは!
あの茶餐廳はそんなに有名なお店だったのですか!ぜひとももう一度行って、アップルパイ!食べてきたいと思います。鉄道博物館は鉄路博物館が正しかったのですね、こちらもやっぱり行ってみる価値有りそうですね。
ローラ
2015/05/06 09:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
[ミッドナイト・アフター」ロケ地 大埔へ 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる