大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 香港でレスリーのお誕生日(2)

<<   作成日時 : 2016/10/11 01:26   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

12日の夜、レッドミッション主催で野外コンサートが開かれました。

場所は天馬公園(セントラルハーバー・イベントスペース)。
でそれはどこ?
一部では、大きな観覧車のあるところ、と言われていたのですが、調べると金鐘駅が近いと出てくるので、観覧車の所じゃなさそうです。
街道指南を調べると、金鐘駅から海に向かって行くとどうやらその場所があるようです、

とてつもなく大きな香港特別行政府の建物の下をくぐり、広い大きな公園へ初めて足を踏み入れました。
画像


画像


こんな場所初めてです。
海をどんどん埋め立てた、その広大な土地に緑豊かな公園が出来ています。
余りの広さ、だだっ広さに驚きながら歩いていくと、やがてたくさんの人たちが列作って入場を待つ会場に着きました。
大きなステージと、スクリーンを設えた広い会場です。

しばらく待たされてやっと入場、とにかくたくさんのファンがどっと会場へ入ってゆきます。

今回のイベントに寄付をした人は優先席に入れますが、それ以外の人は後方席なのか?あるいは会場を取り囲むように立っていた人も大勢いたので、立ち見だったのかもしれませんが、いずれにせよ無料のイベントです。
それにしても座席から間近に見える香港のビル群や九龍サイドに立ち並ぶビルの美しさには見とれてしまいます。

画像

徐々に夕闇が迫ってくると、その姿は美しい夜景へと変わります。
画像

これはまさに会場の景色です。

九龍サイドの空に大きな真っ黒の雲が沸き上がっていて、その雲の中で時々雷が光っていました。
画像

怖いな〜と気にして、すぐに取り出せるようビニール合羽の用意をしておきます。
でも、会場に流れるレスリーの歌を聴きながら、おしゃべりしたり、会場を見回したりしているうちに、雲はどこかへ行ってしまい、ホッと一安心です。

開始までの1時間以上、ずっとこのスクリーンのレスリーを見続けて、座っていました。
画像


いよいよコンサートが始まります。

冒頭レスリーのコンサート前の様子などの映像が流れ、その中に今日の今、会場入りするファンたちの姿も同じ映像に挟み込まれて、ハンパない臨場感です。
そういえば並んでいる時に頭上をドローンが飛んでいましたが、それも会場の様子を撮っていたのでしょうね。
香港人の映像の編集センスはいつもながら素晴らしいです。
一瞬会場入りする自分も映っていて、きゃっ!テンション上がりました。

スクリーンにレスリーのコンサートの映像が怒涛のように映し出され、会場中が歌に合わせて盛り上がります。
映像は「903拉闊音樂會」の物が多かったように思います。実際にDVDも出ていないですから、初めて見る人も多かったことでしょう。

こうやって改めて観るコンサート映像のレスリーは、本当にカッコいい!!
ずっとずっと会場に歓声が沸き起こっていました。

映像だけでなく、途中で「パッション演唱會」の時のゲイリー・トンさんを始めとするバンドメンバーがライブで演奏し、パトリックさんがレスリーのナンバーを歌い、懐かしさが溢れました。

映像を挟んで、再びゲストの登場。
何とイーソン・チャンがステージに現れました。
香港のビック歌手の登場に会場割れんばかりの拍手です。
ごにょごにょとレスリーへのお誕生日の言葉かな?よく聞き取れませんでしたが、少し話をしてから歌ってくれたのは「春夏秋冬」。
やっぱり上手いな〜と感心してしまいますが、彼の歌い方はあまりアレンジをせず、レスリーのオリジナルを彷彿とさせる歌い方で、心に沁み込みました。

1曲歌うと引っ込んでしまいましたが、このコンサートに出演してくれただけで、もう充分です。
ありがとう、イーソン!

まだまだコンサートは続きます。
レスリーの映像を映し出すスクリーンの前に、今度はダンサーズの登場です。
パッションコンサートの時のダンスや、97年の跨越コンサートの時の、華やかなダンスナンバーに重ねて、ステージの上ではダンサーズが映像の中の振り付けをそのまま一緒に踊ります。

本当にレスリーを囲んで踊っているようで、これは興奮しました。
目の前で再びレスリーのコンサートを見ているような錯覚です。こんなうれしい事はありません。

最後はステージの前に花火が上がって〈パッションの時の大熱の時のような演出)華やかに、コンサートはラストソングへと向かいました。

「我」、「共同渡過」、やっぱり最後はパッションでお別れです。

素晴らしいコンサートでした。
本人が居ないのにこれだけ楽しめるなんて、このコンサートの演出家もすごいと思うけれど、我々ファンも、レスリーと一緒に楽しむのがすっかりうまくなりました、本人いなくても、です。

もちろん最後はいつも涙になってしまうのですが、それすらも愛おしい想いと共に、心が満ち足りて終演を迎えました。

こうしてレスリーを常に身近に感じさせてくださる香港のファンの皆さん、本当にありがとうございました。

コンサート終了後、見回せば美しい夜景が我々を取り囲んでいました。
画像


会場を出たら、後方の広い芝生の上にシートを広げて、くつろぎながらコンサートを見ていた人たちの姿があちらこちらに見られました。
これもいいな〜なんて思ったりして。
画像


翌日の新聞によれば、この日コンサートに集まったのは4千人だそうです。
さすが、レスリー、今も変わらぬ香港のスーパースターです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
香港でレスリーのお誕生日(2) 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる