アクセスカウンタ

大丈夫日記

プロフィール

ブログ名
大丈夫日記
ブログ紹介
レスリー ☆ 香港 ☆ 香港映画

その他大好きな事や日々の小ネタを熱く語ります。
いっぱいコメント待っています。

なお、コメントは管理人認証の後に反映されます。内容によっては反映しないこともありますのでご了承ください。
トラックバックは設定しておりませんが、リンクご希望の場合はメールにてご連絡ください。

管理人はローラ、PCで困った時にはAI−DTがサポートしています。
zoom RSS

香港廸士尼樂園

2019/05/22 00:09
暫く更新サボってすみません。
まだまだ香港レポート続けさせてください。
でももうレスリー関係は無くなってきましたが、思い切り遊んできた話をアップします。

香港ディズニーランド!!
これまで2回行っています。
1回目は開園してすぐの頃、園内にお客さんはとても少なく、どのアトラクションも乗り放題でした。
2回目2013年の夏、この時は本土からのお客さんで園内ごった返していて、アトラクションに乗る時も、行列に割り込まれないよう余計な神経を使い、暑さもあってめちゃくちゃ疲れました。
そして今回3回目です。

今回は香港滞在がいつもより少し長かったので、行ってみようと思っていました
何しろシニア料金100$で入場できるのですから、早い話、行かなきゃ損!

問題は一人で行くという事。
皆さん忙しいから一緒に行ってくれる人を探しても中々見つからず、思い切って一人で行くことにしました。


画像

香港滞在5日目なので、かなり足腰に来ていて、駅からゲートまでの距離がめちゃくちゃ遠く感じられ、先が思いやられます。
シニアチケットを買い、ゲートでパスポートを提示して入場です。

いきなりミッキー!!
画像


入口入って直ぐの所ではほぼ1日中ミッキーとミニーのグリーティングをしています。
画像

さすがに行列ができていたので、後で時間があったら並ぼうと、先ずはスルー。

シンデレラ城の前で音楽隊がにぎやかに演奏。
画像

そのシンデレラ城は改装中で、周りを大きく囲っていて残念でした。

ジャングルクルーズは広東語のグループを選んだら、私以外2組の家族連れだけで、のんびりとクルージングです。
画像

ワニだの象だの作り物と分かっていても、思わず「キャ〜!」と声をあげてはしゃいでしまいます。
2歳くらいの女の子が最後にとうとう怖くて泣き出し、その素直さに皆がおもわず笑顔に。

プーさんのハニーハント。
画像

さすがに列が長くて、30分くらい並びました。

アリスのティーカップ
画像

このカップに一人で乗ります。

そろそろお昼なので、お客さん達が何を食べているのか周りを見てみると、殆どの中華圏の人たちはレストランで麺!を食べています。よく見ると、メインのレストランが中華レストランです。
ディズニーランドで中華…ラーメンとか?それはちょっと食べたくないな、第一お昼から中華は重いし〜…
でも他のレストランが見つからなかったので、売店でアメリカンドックとカットフルーツを買い、外のテーブルで食べました。
少しアメリカっぽいかな?
画像


折しもイースターの時期で、イースターエッグのディスプレーがあちこちに見られます。
画像


午後2時からパレードがあるので、メイン通りに戻ります。
この時入場時に入れた香港ディズニーランドのアプリで地図を見ながら移動します。
このアプリは自分の居る場所が地図上に表示されるので、迷子にならずに済み大助かりでした。
ちゃんと日本語表示でアトラクションの名前が書かれているので、とても分かりやすかったです。

パレードが始まりました。
ディズニーのキャラクターより、ダンスやパフォーマンスを中心にしたものでした。
画像

そうは言ってもダンボ!

画像

ドナルド!

画像

パフォーマンスは写真ではなかなかうまく伝えられないので残念ですが、華やかな楽しいパレードでした。

この日は足が痛くて歩くのがままならない状態が度々あり、もう帰ろうかな〜、と思ったところ、メイン通りの一軒の家の前に列ができ始めています。
スタッフに誰が来るの?と聞くと、ダッフィーだよ、というので、そのままそこに並びます。
まさかダッフィーに会えるチャンスがあるなんて思ってもいなかったので、迷わず並びます。

30分はゆうに待って、グリーティングが始まりました。
少しずつ列が進み、家の中へ…
あ、すぐそこにダッフィーがお友達のジェラトーニと一緒にいます。

あっという間に私の番!
ジェラトーニが手を差し伸べて迎えてくれます。
画像

自分のカメラをスタッフに渡し、ダッフィーとジェラトーニと一緒の写真をバンバン撮ってもらいます。
画像

3人で撮った写真は恥ずかしくてお見せ出来ませんが、本当に嬉しそうな私。
最初にダッフィーに広東語で話しかけ、日本から来たこと、ダッフィーに会いたかったこと、などを話したのですが、
それを聞いてジェラトーニがスタッフに必死でジェスチャーで何やら伝えています。
あ、そうか、この子たちはしゃべれないんだったわ、と思い出し、スタッフに同じことを広東語で話すと、スタッフが大喜びしてくれました。
日本からのお客さんはいっぱいいるでしょうけれど、広東語を話すお客は珍しいみたいで、なんかもう大歓迎され、ダッフィーとジェラトーニと何度もハグしてお別れしてきました。

良かった〜!!

足が痛いのなんの言いつつも、ダッフィーに会えたし、1人でのディズニーランドもとても楽しめました。
平日だったせいか、お客は割と少なかったですね。
東京ディズニーランドに比べたら、殆ど空き空きな感じですが、本土の観光客が少なくなった分、落ち着いて楽しめるようになりました。
これからもずっと頑張っていて欲しいなと思います。

ところで、ダッフィー大好きなので、写真を撮っている間中ダッフィーの腕をとってダッフィーしか見ていなかったけれど、ジェラトーニがとても優しくて気遣いを見せてくれたので、思い出すたびに申し訳なくなり、帰りの空港で、ジェラトーニの小さいぬいぐるみを買っちゃいました。今やジェラトーニ大好きです。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


太館…元中環警察署です。

2019/05/03 00:33
中環の元警察署、裁判所、刑務所の広い一画が長い間改装工事中でしたが、昨年リノベーションが済み公開されています。
コロニアル建築や、レンガの壁など、とても趣があり、公開を楽しみにしていました。

場所は中環の長い石畳の坂の途中、ポッテンジャーストリートを上った辺りにあります。
画像

この急坂はいつも上からとか、下からとか眺めていましたが、案外実際に歩いたのは初めてでした。
雑多なお店が軒を連ねていて、冷かして歩いたら面白そうです。

画像

振り返って上からの景色です。

この太館へ入るには、事前に無料アプリから入場許可書をダウンロードしなくてはいけないのですが、最近はそんなに混んでいないから、行けば入れそう、と聞いたので、とりあえずズンズン進んで行ったら、いつの間にか敷地内に入れて、建物の中を見て歩くことが出来ました。

画像


画像


これこれ、この監獄が見たかった。
画像

妙にきれいで、このまま1泊できそうな…ウソウソ。

さらに一番見たかったのが、プリズンヤード。
画像


地面がウッドデッキの様なものできれいに貼られていて、多分昔の面影はないと思いますが、この広さは本物、決して広くないこの庭に囚人達がいたんだなぁと思いを馳せます。しかもここは香港の、セントラルの、ど真ん中です。

画像

プリズンヤードを囲むコロニアル調の建物は、レストランなどです。
他にもショップとか入っていますし、別の建物では様々なアート系イベント等が開かれています。

どこもかしこもピカピカにリノベーションされていて、ここから昔日の姿を想像するのはかなり難しいです。
でもこの煉瓦は本物よね。
画像


古いものを残そうという風潮でリノベーションが流行っていますが、香港やり過ぎ感ハンパないです。
残念と言えば残念。

この新しくなった太館から、「美少年の恋」のシーンを探すのはまず無理でした。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日から令和です

2019/05/01 21:08
平成が終わり、今日から令和が始まりました。

新しい時代の始まりですね、
穏やかで、平和な日々が続くことを願ってやみません。

黙ってスルーするには忍びないこの大きな変化の時に、ちょこっとだけ足跡を残させてもらいます。

令和になっても当ブログ、宜しくお願い致します。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


CAFEと氷室

2019/04/19 23:17
香港で、ちょっと話題になっていたお店に行って来ました。

ひとつは、上環の坂を少し上がった地区にある「ASK CAFE」
少し前にネットでお店の壁に香港明星の写真が飾られているとあったのですが、私が行く頃まで飾られているかどうかは不明でした。でも何となくおいしそうなカフェだったので、行ってみる事にしました。

気が付いたらお店の前を通り過ぎていて、あれ?ここら辺よね…とゆっくり確認しながら通りを戻ったら、見つけました。
画像

思っていたよりずっと小さなお店だったので、半信半疑で中へ入り、さっと壁を見回すと、あった〜!!
香港明星…の中にレスリーの写真を見つけました。
画像


画像


画像


レスリー以外では、アンディー・ラウ、トニー・レオン、ロザムンド・クワン、ヴィヴィアン・チョウ、等々、
どの写真もほぼモノクロでセンスの良い素敵な写真ばかりです。

お店の雰囲気はこんな感じ。
画像

天井が高くてとても落ち着きます。

ランチはミートソースのパスタ、少し濃い目の味だったけれど、ちゃんと美味しかったです。
画像


シューケースの中に美味しそうなケーキが並んでいるのを発見し、パッションフルーツのケーキを注文します。
お皿に乗せて直ぐに出て来ると思ったら、結構時間が掛かり、なんで〜?!と思ったら、やっと出て来たケーキがこれ。
画像

デコレーションパウダー(砂糖)で描いたバラと、おしゃれなあやれこれやがお皿の上に散っていて思わず「きゃ〜!」と声がでました。
食べるというより、単に「映え」のパフォーマンスですが、丁寧な仕事ぶりと日本のケーキと遜色ない美味しさに大満足でした。
ちなみにケーキのお値段も日本並みでしたけどね。

香港というより、まるで日本のおしゃれカフェ(喫茶店?)のようで、ちょうどお昼の時間帯が一区切りしたところだったので、ゆっくり過ごすことが出来ました。
香港でなかなかこういうゆっくりできる場所ってないんですよね、レスリーの写真もあるうえに、食べ物も美味しくて、とても気に入りました。


もう一軒、今度は深水捗の「老爺氷室」へ。
深水捗へ行くなら、いったんホテルへ戻り、荷物を置いてからバスで行きます。
西營盤は西区海底トンネルが近いので、地下鉄で行くよりずっと早く九龍へ渡れます。
今度もまたお店の前を行き過ぎてしまい、番地を見ながらもう一度歩いて案外狭い間口のお店を見つけました。
画像


中へ入ると、そこはもう映画好きが好きなように内装を施したようで、レスリーもたくさんいました。
画像


画像


画像


古い映画ばかりかと思ったら、「ブエノスアイレス」もありました。
画像

アップ〜!
画像

中々センスいいです。

店内の全体はこちら。
画像

下町ですから、かなりレトロを演出しているように思います。

食べたのは、掟破りの高カロリー「西多士」香港流フレンチトーストです。
画像

奶茶(ミルク紅茶)も美味しかったです。

ゆっくり歩くと面白い深水捗ですが、日も暮れてきたので、再びバスに乗って西營盤へと戻りました。
まさにレスリーがらみの氷室の為だけに出かけてきました。
でも65歳以上のシニア料金ですから、バス代は半額、このシニア料金がどれだけ有難いか。しかも外国人にも適用ですから、香港って太っ腹です。
緑色したオクトパスカードを今回どれだけ使い倒したことか!!(笑)


ここで香港以外の記事を入れさせてください…今日見てきた映画をご紹介します。

「ダンボ」
言わずと知れたディズニーの実写「ダンボ」。
監督はティム・バートン

もちろんアニメのダンボも大好きなので、実写版って…ゾウをどう描くのか?ストーリーは変わるのか?だいぶ?マークが飛んでいたのですが、さすがのティム・バートン監督、映像も美しくて素晴らしい作品でした。
最初から涙がぽろぽろ、途中でも感動でぽろぽろ、最後は嬉しくてほろほろ、見終わった時には化粧がみんな流れちゃって、ヤバいです〜!と先に見てきてお勧めしてくれた娘にラインしちゃいました。

ダンボが可愛い!!
あまりに人の言葉が分かり過ぎて、お利口で、うそでしょ〜、とは、なりますが、どうせおとぎ話ですから、それも素直に受け入れてしまえば、本当に楽しくて素敵な感動を貰いました。
アニメで有名なピンクのゾウさんのシーンもあります、なるほどこう来たか!!思わずにんまりしちゃいました。

今日見つけた日本のポスター
画像

こちらは香港のポスター、ちょうど公開中でした。
画像

(横に入っている金色はどうしても反射してしまった光です)






記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


マダムタッソーと星光大道

2019/04/14 23:18
マダムタッソー蝋人形館では今年もレスリーへの献花を許可して下さいました。

レスリーの居る部屋のほとんどがお花で埋まる見事な花の海でした。
画像


画像


画像

また眉毛が立派に化粧直しされています。ダメなのよね〜似ていません。

パシフィックコーヒーで簡単にサンドイッチのお昼。
窓の外の景色に見ほれながらのランチは中々豪華です。
画像

薄曇りの日でしたが、その割に良い景色が見られました。

ピークまで行きはバスで登ったのですが、帰りはトラムに乗って山を下ります。
沢山の観光客に交じってトラムに乗り、降りたらバスでフェリーターミナルまで出ます。
フェリーで尖沙咀へ渡り、星光大道を見物します…って王道の観光コースですね。
画像


長い間工事中だった星光大道がこの春やっと新装お披露目となりました。
画像


今まで歩道にはめ込まれていた手形が海際の手すりに設置されたので、歩道は広々とゆっくりしています。
画像


レスリーのプレート。
もちろん手形はないので、ぼんやりした似顔絵が描かれています。
画像


手摺にプレートってどんな感じなのか、ちょうど良く撮れた写真がないので、しっかり記念撮影風の自分の写真ですが、モザイクで失礼します。
画像

このように手摺にずらっと手形が並べられています。

落ち着いて手形を見て歩けるようになったので、とても良かったと思います。

大好きなこの子もちゃんと戻ってきていました。
画像

かなり汚れてますけど〜磨きたい。
この手形になごみます。
画像





記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


4月1日の続き:そしてマンダリンのお花

2019/04/14 17:35
1日の夜、映画「ルージュ」を見終わったのが9時半ごろ、その時点でまだまだマンダリンホテル前の広場ではイベントが続いていました。

丁度見られなかったのは、3人の香港人歌手によるレスリーの歌のパフォーマンス、
その後はデビュー当時からの様々な映像が流れ、中にはフローレンスさんの事務所からの秘蔵映像もあったそうです。
私が見る事の出来たのは、コンサート映像などでしたが、その頃には会場の盛り上がりは最高潮で、後ろの方まで一杯のファンが詰めかけていました。
画像


1日はもとより前日の午後から、東方文華酒店(マンダリンオリエンタルホテル)の壁際には例年のようにファン達からの献花が山のように、海のように並び、花の香りが強くただよっていました。

画像


画像


今年はイラストを使ったものが多かったようです。
画像


画像


画像

永遠記得(簡体字で)と読めます、花屋さんの手腕か、ファンたちの頑張りか…すごいね。

画像


31日は風が強くて背の高いお花が倒れたり、メッセージボードが風にあおられる等、大変なことになっていたのですが、香港のファンたちが一生懸命に立て直してくれたり、整理をしてくれたりと気遣ってくれて、本当にありがたかったです。


2日の夜、9時過ぎにマンダリンへ行くと、もうお花の撤収が始まっていました。

日本人の方もいたので、手伝いを申し出たら軍手を貸してくれ、お花に添えられた手紙や写真を回収しました。
自分も覚えがあるのですが、手紙はそっとお花の中にひそませるので、よく探さないと見落としてしまいます。
まだあった!ここにもあった!と拾い集め、手紙類はあとで燃やして天のレスリーに届けてもらいます。
画像


ほんの少しだけ細かいお手伝いをした後は、トラックの荷台に花を載せる力仕事なので、シニアはここから見学に回ります。
画像


去年のボランティアさん達とは違う人たちが多かったようですが、こうして絶えることなく続くボランティアのファンたちには本当に頭が下がります、ありがとうございます。

また来年ね〜!と言い合ってマンダリンを後に…今年の追悼行事が静かに終わりました。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月1日続き:映画上映

2019/04/12 00:46
1日の夕方レスリーへ黙とうを捧げてから、映画を観に行きます。

今回3月末から4月1日にかけて、英皇戲院がレスリーの映画を上映してくれました。
私が見ることが出来たのは、30日「鎗王」(ダブルタップ)、31日「夜半歌聲」、1日「胭脂扣」(ルージュ)の3本。
他にも「欲望の翼」や「白髪魔女傳」など何本かの上映がありました。
「鎗王」
画像

「夜半歌聲」
画像

「ルージュ」
画像


そして1日の「ルージュ」上映時には、始まる前のスクリーンにファンからのメッセージが映されました。
画像


画像


画像


映画館のロビーに赤いハートのカードが置かれていて、メッセージを書いてボードに下げるようになっていました。
スクリーンで紹介されたのは、その一部だそうです。
画像


「品味帳國榮電影」(A MOMENT WITH LESLIE) 今回特別上映のタイトルです。
画像


上映後にはサプライズでスタンリークワン監督が登場し、ルージュ撮影時の話を懐かしそうにしてくださいました。
しかし…ほとんど何も分からなくて…
香港人が普通に話す早口の広東語は、少々広東語かじっていても、全くお手上げ。
話の内容を書けず、申し訳ありません。
画像

変わらずお元気そうだったので何よりです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


4月1日の香港

2019/04/10 16:55
4月1日を迎え、朝は沙田のお寺、寶福山へお参りに行って来ました。

ここではフローレンスさんが我々ファンを迎えて、レスリーのためにファンたちが持ってくるお花などをきれいにお供えして下さいます。
画像

毎年届けられる日本のファンからの千羽鶴も飾られ、フローレンスさんはメディアのインタビューに答えていました。
画像

お参りの順番を待つ間、ふとお寺を囲む木々を見ると小さな猿が木から木へジャンプ!それも10匹位、みんな可愛い子ザルでした。
画像

レスリー、申年でしたね(笑)何だかほほえましかったです。
16周忌のお参りを済ませて、山を下りました。

夜にはマンダリンホテルの近く、中環愛丁堡廣場という広場で香港のファンたち主催でイベントが開かれました。
その前に夕方広場へ行くと同じファングループによる企画のレスリーバスが停車しています。
Time of Leslie と名付けられた移動ラッピングバスはレスリーカフェをイメージしてました。
画像


画像

後ろから入れます
画像


中はカフェ風にレスリーの写真やイメージされたイラストなどで飾られていました。
画像


画像


画像


後で気が付いたのですが、等身大レスリーボードの後ろのショーケースには、可愛いケーキが並んでいました。
どのケーキにもちゃんとレスリーにちなんだ名前がついていましたが、ちゃんと確認すればよかった…後の祭り。
画像

詰めが甘くてすみません。

外へ出ると入場の列がずらっとできていました。
画像


広場では、夜のイベントのために既に地面にシートを広げてファンたちが集まってきていました。
画像


そして6時42分、私は友人たちと一緒に毎年集ったジャーディンハウス前の広場でレスリーに黙とうを捧げました。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


香港から帰ってきました。

2019/04/06 00:14
今夜香港から帰国しました。

例年になく寒い香港でしたが、暑すぎるよりはずっと過ごしやすかったです。

ゆっくりと香港のあれこれをレポートしていきますので、お待ちください。

画像

こちららは今年のマダムタッソー蝋人形館の写真です。
いつもの様にお花に囲まれたレスリーは誇らしげでした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


明日から香港、行ってきます!

2019/03/29 20:15
あまり更新をしないうちに再び香港の旅がやってきました。

今年の桜は早く咲き出したので、満開を見てから行かれると思ったら、今日はこの花冷え、近所の桜はまだまだ5分咲きです。
帰ってくるまで咲いていてくれるかな…
帰国は5日、今回はかなりゆっくりの予定なので、桜が帰りを待っていてくれるかどうか微妙です。

画像
(これは去年の桜です)

香港もちょっと例年に比べて気温が低そうです。
半袖持った、長袖持った、カーディガンにパーカーに…やっぱりこの季節は着る物が大変です。

取りえず香港へいけば花粉はなくなるので嬉しいです。

それでは明日早朝のエアーで行って来ます!!

帰ってからのレポートを楽しみにしていてくださいね。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


再び上野へ

2019/03/01 22:36
今朝突然姉から「これから上野にシャンシャン見に行きます!」とラインが来ました。

丁度用事があり出掛けていたのですが、まさに用事が終わった時にラインが来たので、二つ返事で「行きま〜っす!」と返事して、上野に向かいました。

パンダ舎の前で姉と落ち会い、一緒にシャンシャンに会いに行きます。

今年2度目のシャンシャンです。
お〜動いてます〜!!
木の上で座り心地を確かめるようにモゾモゾ動いてます、もう何をやってても可愛いシャンシャンです。
画像


画像


画像


急なお誘いだったのでデジカメを持っていなくてスマホで撮ったので、やっぱりボケボケできれいではありませんが、眼にもしっかりと焼き付けて来ました。

初めて動いているシャンシャンを見ることが出来た姉は大喜び、周りの人たちも嬉しそうに声をあげていました。
そしてお昼寝に入ったシャンシャンです。

続けてお母さんのシンシン。
画像


お父さんのリーリーがのっそりと登場です。
画像


その後リーリーはイケメンパンダぶりをいかんなく発揮。
画像


今日はリーリーがとてもお茶目で、よく姿を見せて動き回ってくれました。

風もなく寒さを感じない穏やかな日でしたが、何故かお客さんが少なくて、またパンダ観覧の列を大人と子供に分けて作り直したせいか、一巡してまた並び直して10分、もう一度並んでまた10分…クルクルと三回も見てしまいました。
シャンシャンはその後ずっと寝ていましたが、それでも満足です。

さすがに3回も並んで見るとお昼も過ぎてお腹がすきました。
上野動物園のツイッターを見るとおいしそうなメニューがあったので、外の休憩場で買って広場のテーブルで食べました、これ真冬じゃできないですよね。

画像

右があんかけ焼きそば、うっかりふたしたまま撮ってしまいました。
左はホットアップルココア。とりあえず暖かい物を飲みたかったのと、見た目の可愛さで思わず注文しちゃいました。
あんかけ焼きそばは思いの他美味しかったです。ココアは、アップルの存在が不思議でしたが、美味しく温まりました。

折角動物園へ行ったので、パンダだけでなく、象さん、白クマさん、等々少し見てから最後にもう一度パンダ舎へ。
これはコツメカワウソ君、顔が可愛いんですよ〜!!後ろ向きで残念です。
画像


最後は30分並んで4度目のパンダ舎へ行くと、まだ寝ているシャンシャンにバイバイをして、
盛大に食事中のリーリーから笑顔を貰って、出口に向かいました。
画像


今日のフォトジェニックはリーリーお父さんでした。

穏やかな日差しもあるいい一日でしたが、やはり午後になるとだんだん寒くなって来ました。
次回はもっと暖かい春になってからですね、きっと。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ミュージカル観劇

2019/03/01 00:20
26日の夜、舞台「ロミオ&ジュリエット」を観に行って来ました。
場所は東京フォーラムC…です。

レスリーのコンサートが開かれた会場はファーラムA でした。
初のコンサートが97年、その後何度もこのフォーラムAの舞台で私たちを魅了し続けてくれました。

あれから何度もフォーラムに行っているし、特に何も考えずに歩いていたら、フォーラムのガラス棟が目に入り、一瞬で千人サイン会が呼び覚まされました。
この中庭で夜中から並んだっけ、すごい熱気だったよね…
ふと涙腺が緩みそうになり、あわててフォーラムCへ。

この日はミュージカル「ロミオ&ジュリエット」です。
画像


フォーラムAほど大きくはないものの、Aによく似たエントランスとロビー、会場の中もAとCはよく似ています。まさかミュージカル見に来てレスリーがオーバーラップするとは、しかもあれから何年経つというの?!

ここはミュージカルに集中!!しっかり見なくちゃ。

主演のロミオは古川雄大さん、ジュリエットは生田絵梨花さん、そして三浦涼介さんがロミオの親友のベンヴォ―リオを演じます。
とにかくりょん君から目を離すまいと必死て舞台を見つめていました。

最近のミュージカルはとにかくダンスシーンが素晴らしいです。
そのダンサーの中に入って遜色ないりょん君(^^;)
ソロパートの歌もあり、思う存分堪能しました。

りょん君以外には、「死」を象徴的に踊り続ける大貫勇輔さんというダンサーに目がひきつけられました。
柔と剛をあわせ持った見事なダンスと、手の、指の表情の美しいこと!!ため息が出ました。素晴らしい才能あるダンサーを見つけてしまいました。

しかし、舞台は時代を現代に置き換えているので、突然携帯電話が出て来たのにはびっくり、かなり無理やり?!
そしてロミオとジュリエットの話は嫌というほど知っているので、ちょっとまだるっこかったです。
こうして見ていると「ウェストサイドストーリー」は本当にロメジュリを忠実に映画化しているな〜と思ったり(でもジュリエットは死ななかったけど)、色々考察するのも面白かったです。

ただ…ラスト!!
ロメオが毒を飲んで死ぬシーンは…「夜半歌声」のレスリーが被った!!
シリアスシーンなのに、頬が思わず緩んでしまうのを止めることが出来ませんでした。

りょん君見に行ったのに、あちこちで何度となくレスリーがオーバーラップしてしまった。

3月末からまた香港へ行くので、今その準備で頭の中がレスリーでいっぱいだからかな。

早く香港へ行きたいです〜!

りょん君、素晴らしい舞台をありがとうございました。
この後、愛知、大阪と、舞台が続くけれど、頑張ってね。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


恭喜發財!!

2019/02/06 00:13
春節です、新年快楽!!

春節ともなればやっぱり始まりは横浜中華街のお獅子です。
今年も見に行って来ました。

中華街のメインストリートは縁起の良い龍の飾りがカッコいいです。
画像


毎年行っていると、ごひいきのお獅子ができてきます。
ごひいきを探して少し歩き、お気に入りを見つけました。
画像


お獅子のお兄さんがとても上手でカッコいいのです。
これはビールをふるまわれて、酔っ払って座り込んでいる演技。
画像


途中からお獅子の色がピンクに替わりましたが、中華の色っぽいお獅子はピンクも良く似合います。
画像

二階建ても軽くやってのけます。

画像


どのチームも皆上手ですが、毎年お馴染みのお獅子について歩いて小一時間、満足して、今年もいい春になりそうね、と帰宅しました。

恭喜發財!
身体健康!
萬事如意!

良い年になりますように。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今年最初のシャンシャン

2019/01/11 00:39
今日はとても寒い日でした。
月に一度の内科の検査を終えて帰宅したら、下の娘が何やら出かける準備中、と言うか今日お休みなの?
休みとなると最近は決まって上野へ繰り出すパンダ娘、この寒いのに行くの?!
と言いながらもパンダ好き母もシャンシャンに会いたくなり、あわてて支度して娘に同行。
一番暖かいコートに一番ふわふわのマフラー巻いて、身体のあちこちに貼るカイロをぺたぺた貼って、インフル予防のマスクをして、上野へ行って来ました。

動物園に着くとパンダ観覧の待ち時間が40分と出ています。
ま、短い方よね、と行列に並びます。
しかし寒い!!その場で足踏みしたりしながら、約40分。
手許のスマホの「ライブパンダ映像」を見ると、先ほどまで元気全開で庭で遊んでいたシャンシャンが、どうやら部屋に入って寝ている模様。

お部屋が近づいて来ます。
画像


やはり寝ています。
でも寝てても可愛いシャンシャン、時々手で眼をこするような、子供らしい仕草も見せてくれます。
画像


あわてて出かけてきたので、カメラの充電が出来ていなくて、スマホで撮影。
どうもブレブレになってしまいます。

お母さんのシンシンがシャンシャンの代わりにとばかりにガラスの前で盛大にお食事中。
お父さんはやぐらの下に入ってじっとしていました。
お父さんのリーリーは、結構神経質らしいです。

パンダ舎を後にして、象さん、お猿さん、白クマさん、ひょっこり現れたコツメカワウソさんなどをサッと見て歩きます。
画像

白クマさん2頭が揃っているのは珍しいと娘が言うので、写メゲット、やっぱりブレブレ…
白クマさん結構好きです。

再びパンダ舎の前を通ると、30分待ちの看板が出ています。
よし、もう一度!

今度は割と簡単に列が進み、30分かからずにシャンシャンの前へ。
でもこういう列が簡単に進む時は、シャンシャンが寝ている時…だそうで、再びごろ寝のおシャンを見て、動物園を後にしました。

寒かったけれど、ちゃんと見る事が出来たから、満足でした。

待ち時間が短くて良かったけれど、土日や、この先暖かい日は長時間の行列になるのでしょうね。
寒くても、やっぱり冬場がねらい目です。
完全防寒で、またチャレンジします。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019年 今年も駅伝

2019/01/04 00:25
毎年お正月にアップしている箱根駅伝の記事を今年もお届け!

性懲りもなく、今年は近場の大田区蒲田で見てきました。

画像

いつもの様にたくさんの見物&応援の人たちを仕切って下さるスタッフさんの背中です。

今年は日中暖かだったのと、平成最後の箱根駅伝とあって、いつもより早くから大勢の人達が道沿いに並んでいて、いい場所を見つけるのに苦労しました。

今日は姉と一緒に観に行きましたが、2人共とにかく寒いのが苦手なので、今日の暖かさは本当に助かりました。

やがて目の前を選手たちが走り抜けていくと、大きな歓声が上がり、頑張れよ〜!!と一斉に声が掛かります。

特に応援する大学がある訳ではないのですが、主人や甥っ子たちの大学などには少々声が大きくなります。

どの選手にも「がんばれ、がんばれ、」と声をかけていたのですが、中には思わず「かっこいい〜!!」と姉と二人してキャ〜!と声をあげてしまった選手もいて、身体の大きなアスリートの走りに見とれました。

いつもいい写真が撮れないのですが、今年は一枚お気に入りをゲット出来ました。
画像


上武大学、山梨学院大学、国士舘大学、わりと後方の選手たちです。
今年はシード権取れなかったけれど、また来年頑張って挑戦して下さいね。

お正月の風物詩を今年も楽しんできました。





記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


謹賀新年!

2019/01/02 23:35
画像
(花十両)

皆様あけましておめでとうございます。
今年も皆様にとりまして、喜びの多い幸せな年になりますようお祈り致します。

元旦に近所の神社へ初詣に行って来ました。
なんとおみくじは「大吉」でした。
おみくじに書かれていた言葉に、
「何事も正直にして他人を恨まず、仕事大事とはげみなさい。」
とありました。

大吉でなくてもこの言葉は全てに通じますね。

ずっと以前、「何をやっても大成功!」みたいなおみくじを引き当てたことがありましたが、これって本当にいいことなのかな、とむしろ心配になりました。

大吉を喜ぶよりも、常に真摯に毎日を過ごすことが大事ですね。

きっと今年もゆっくりマイペースな更新に終始すると思いますが、
どうぞよろしくお願い致します。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MerryChristmasそして大晦日へ

2018/12/22 00:40
今年もあとわずかになりました。
来週はクリスマス。
ケーキを食べたら大晦日に向かってまっしぐらです。

暫く更新をサボってすみません。
この秋は例年通りに東京国際映画祭も、フィルメックス映画祭もちゃんと何本かずつ見て、ミュージカル「るろうに剣心」も見て、充実した日々でした。
でも新橋演舞場の地下へ降りる階段で転び、ひざ下を10センチ近く切り、両手は神経を痛めてしばらく使えず、夜痛みで寝られない、なんて云う経験もしました。

怪我は時間と共に着実に良くなり、今はもうすっかり大丈夫です。

階段を3段落ちたそうなのですが、気が付いた時には床に突っ伏していました。
その後友人から、私も3段落ちた、という話を聞いたり、もっと落ちて結果的に頭打って大ごとになった友人もいました。
先日は顔をぶつけてまさにお岩さん状態になった友人もいました。
どうぞ皆さんお大事になさってください。

今年の世相を漢字一文字で表すと「災」だそうですが、これは天災の事ばかりでなく、個人にも当てはまる事なのだと思い至りました。


痛い目にあいましたが、
今年見た映画はどれもいい作品ばかりだったし、
先日の忘年会で、去年は病気で来られなかった友人が元気な顔を見せてくれて嬉しかったし、
横浜中華街での忘年会でしたが、どのお料理も全部とても美味しかった!

画像

(「南粤美食」という広東料理のお店です)
画像


何より元気で今年一年を終えられそうなので、総括して良い年だったと言ってしまいましょう。


明日から横浜の映画館「ジャック&ベティ」で、『欲望の翼』が上映されます。
デジタルリマスター版と言えど、これが最終上映と聞きました。
12月31日が上映最終日だそうで、これはちょっともう見に行かれないかもしれない…
でも今年はまさかの「欲望の翼」の再上映があり、やはり嬉しい年でした。


少し早いですが、

皆様良い年をお迎えください。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


幻の映画をついに見ました。

2018/11/19 00:11
以前、一番好きな映画は?と聞かれると、いつも「まぼろしの市街戦」を挙げていました。

高校生位の時にテレビで見て、何とも言えない空気感と、風刺と優しさにあふれたこの映画が大好きでした。

その後もたびたびテレビで見る事はあったのですが、一度もスクリーで見たことが無いまま、何十年も経った今、デジタルリマスター版で完全復活、まさかこの映画をスクリーンで見られる時が来るなんて、思ってもいませんでした。

新宿ケイズシネマではもう今週限りですが、その後は横浜での上映が決まっていますので、次々に日本各地で上映されるのではないかと思います。

今日やっと見に行って来ました。

画像

1966年製作のフランス映画です。

何十年振り?に観たのに、全く古さを感じさせないのが驚きでした。
確かに反戦映画ですが、声高に反戦を訴えるのではなく、夢のような美しい映像と共に戦争の狂気を笑いとばします。

精神病院から解放された患者たちが、自由に着飾り、歌い笑い合う、まぼろしの世界の美しいこと!!


日曜日の午前中の上映でしたが、開場と同時に瞬く間に席が埋まりました。
そして上映が終わった時、いつもなら会場が暗いうちから席を立つ人がぼちぼちいますが、会場が明るくなっても皆、余韻に浸っているのか、直ぐには席を立ちませんでした、立てなかったと言った方がいいかな。
もちろん私もどっぷりと余韻の中に沈んでいました。

デジタルリマスター版の上映なのに、新しいパンフレットを作ってくれて嬉しかったです。
やっとこの作品の事を色々知ることが出来ました。

ずっと心の中にしまっていた映画を何十年後に観て、こんな映画だったっけ?とがっかりするのを、実はちょっと恐れていました。
でも、とんでもない、こうしてスクリーンで観ることが出来て本当に良かった!
デジタルリマスター版を作って下さってありがとうございました。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


香港ウィーク2018開催中

2018/11/08 00:29
東京では今週香港観光協会主催で香港ウィークという、香港の今を紹介するイベントや、企業をターゲットにしたシンポジウムが開かれています。
丸の内では香港のミニチュア展が開かれていましたが、これは既に終わっています。
先日は渋谷で開かれていた「現代チョンサムのコレクション」を見に行って来ました。
渋谷ヒカリエで開かれたコレクションは、展示の数は少なかったのですが、とても素敵でした。

刺繍が美しいウェディングドレス。
画像


普段にこんな柄のチョンサムは楽しいですね。
画像


会場ではチョンサムの紙型に布地を張ってブックマークを作るワークショップが開かれていました。
ただ布を張るだけなので、私でも簡単に作れました。
画像

もっと凝ったデザインも出来るのですが、細かいことはもう苦手で、これで精いっぱい。
でも楽しかったです。
このイベントは11日までです。

ワークショップで遊んでから新宿に移動、この日は日本でも公開された映画「29+1」の元となった舞台劇「29+1」の映画が上映されました。

新宿ピカデリーへ行くと、早速ロビーで「29+1」の監督さん、劇の方では一人芝居を演じた、役者さんでもあるキーレン・パンさんが日本のファンに囲まれてサインや写真撮影に応じていました。
画像

とてもチャーミングな女性です。

この上映会に気付くのが遅くて、チケットギリギリで取りましたが、とにかく買えて良かった観れて良かった。
画像


この映画は大好きですが、舞台はまた違った雰囲気で、一人二役を見事に演じ切るキーレン・パンさんに感歎!!
メガネをかけた途端に自由に生きるティンロンに替りメガネをはずすと、すっとキャリアウーマンだったクリスティに戻るとか、メガネの代わりにパーカーだったりと、小道具の使い方も面白かったです。
舞台映画なので字幕が付くのもありがたく、コンテンポラリーダンスも交えたキーレン・パンさんの熱演に、眼が釘付けでした。
舞台の上では、結構客いじりもあり、笑いもいっぱいで、これは毎回いろんなパターンでお客さんを喜ばせたに違いありません。
もちろんレスリーの歌「由零開始」も使われています。

映画終了後にご本人が登壇し、この劇への思いを話し、客席とのQ&A等も行い、とても和やかなひと時を過ごしました。
この舞台版のDVDはありますか?という質問に、劇中で色々な音楽を使っているので、版権問題がありDVDは作れないそうで、実に残念です。
来年4月には香港で新作の舞台を演じるそうです。

とてもエネルギッシュでかっこいいな〜という印象でした。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


蒸し鍋料理

2018/10/23 00:34
今香港で流行っている鍋料理があります。
今、と言うか、もうしばらく前からの流行ですが、今回初めて食べに行きました。

お店の名前は「潮福蒸気石鍋」、香港、九龍に何店舗もあるチェーン店ですが、選んだお店は深水捗の黄金商場の中にあるお店。
この商場はレスリーの映画「錦繡前程」(恋はあせらず)にも出て来る商場で、ただお店に入るだけでも、レスリーにかろうじてかかわりのある場所を選んでしまいます。

画像


蒸し鍋とは、いわゆるタジン鍋のような感じです。
画像


お肉に、
画像


蝦、
画像


ホタテ、
画像


野菜等々
画像

自分で調合した付けダレで頂きます。

他にもいろいろな具材があり、一種類ずつ蒸すと、その出汁が全部下に落ちて、下のお鍋に準備したお米が出汁を吸ってお粥へと変わってゆきます。
最後に様々なエキスをたっぷり吸ったお粥が出来上がります。
その美味しいこと!!
画像

デザートはやはり最後に蒸しあげたマーラーカオ。
画像


鍋奉行は係りのおばさん、全ておばさんがやってくれるので、失敗もなく、安心していられます。
でも1種類ずつ蒸し上げたのを全部食べきるまで、おばさんは次の具材を入れません。
なので、少し時間はかかりますが、最後のお粥の為と思えば我慢、我慢。

日本でこのスローペースの鍋料理は流行るかな?
香港でこのお鍋を買ってきて、家で蒸し鍋料理もいいですね。
でも海鮮が主材料なので、香港で食べても結構なお値段になるし、家で作るにも材料費はかかりそうです。

でももう一度食べたい癖になるお味です!!

やっぱり香港は美味しいです〜!!




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる