アクセスカウンタ

大丈夫日記

プロフィール

ブログ名
大丈夫日記
ブログ紹介
レスリー ☆ 香港 ☆ 香港映画

その他大好きな事や日々の小ネタを熱く語ります。
いっぱいコメント待っています。

なお、コメントは管理人認証の後に反映されます。内容によっては反映しないこともありますのでご了承ください。
トラックバックは設定しておりませんが、リンクご希望の場合はメールにてご連絡ください。

管理人はローラ、PCで困った時にはAI−DTがサポートしています。
zoom RSS

今年最初のシャンシャン

2019/01/11 00:39
今日はとても寒い日でした。
月に一度の内科の検査を終えて帰宅したら、下の娘が何やら出かける準備中、と言うか今日お休みなの?
休みとなると最近は決まって上野へ繰り出すパンダ娘、この寒いのに行くの?!
と言いながらもパンダ好き母もシャンシャンに会いたくなり、あわてて支度して娘に同行。
一番暖かいコートに一番ふわふわのマフラー巻いて、身体のあちこちに貼るカイロをぺたぺた貼って、インフル予防のマスクをして、上野へ行って来ました。

動物園に着くとパンダ観覧の待ち時間が40分と出ています。
ま、短い方よね、と行列に並びます。
しかし寒い!!その場で足踏みしたりしながら、約40分。
手許のスマホの「ライブパンダ映像」を見ると、先ほどまで元気全開で庭で遊んでいたシャンシャンが、どうやら部屋に入って寝ている模様。

お部屋が近づいて来ます。
画像


やはり寝ています。
でも寝てても可愛いシャンシャン、時々手で眼をこするような、子供らしい仕草も見せてくれます。
画像


あわてて出かけてきたので、カメラの充電が出来ていなくて、スマホで撮影。
どうもブレブレになってしまいます。

お母さんのシンシンがシャンシャンの代わりにとばかりにガラスの前で盛大にお食事中。
お父さんはやぐらの下に入ってじっとしていました。
お父さんのリーリーは、結構神経質らしいです。

パンダ舎を後にして、象さん、お猿さん、白クマさん、ひょっこり現れたコツメカワウソさんなどをサッと見て歩きます。
画像

白クマさん2頭が揃っているのは珍しいと娘が言うので、写メゲット、やっぱりブレブレ…
白クマさん結構好きです。

再びパンダ舎の前を通ると、30分待ちの看板が出ています。
よし、もう一度!

今度は割と簡単に列が進み、30分かからずにシャンシャンの前へ。
でもこういう列が簡単に進む時は、シャンシャンが寝ている時…だそうで、再びごろ寝のおシャンを見て、動物園を後にしました。

寒かったけれど、ちゃんと見る事が出来たから、満足でした。

待ち時間が短くて良かったけれど、土日や、この先暖かい日は長時間の行列になるのでしょうね。
寒くても、やっぱり冬場がねらい目です。
完全防寒で、またチャレンジします。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019年 今年も駅伝

2019/01/04 00:25
毎年お正月にアップしている箱根駅伝の記事を今年もお届け!

性懲りもなく、今年は近場の大田区蒲田で見てきました。

画像

いつもの様にたくさんの見物&応援の人たちを仕切って下さるスタッフさんの背中です。

今年は日中暖かだったのと、平成最後の箱根駅伝とあって、いつもより早くから大勢の人達が道沿いに並んでいて、いい場所を見つけるのに苦労しました。

今日は姉と一緒に観に行きましたが、2人共とにかく寒いのが苦手なので、今日の暖かさは本当に助かりました。

やがて目の前を選手たちが走り抜けていくと、大きな歓声が上がり、頑張れよ〜!!と一斉に声が掛かります。

特に応援する大学がある訳ではないのですが、主人や甥っ子たちの大学などには少々声が大きくなります。

どの選手にも「がんばれ、がんばれ、」と声をかけていたのですが、中には思わず「かっこいい〜!!」と姉と二人してキャ〜!と声をあげてしまった選手もいて、身体の大きなアスリートの走りに見とれました。

いつもいい写真が撮れないのですが、今年は一枚お気に入りをゲット出来ました。
画像


上武大学、山梨学院大学、国士舘大学、わりと後方の選手たちです。
今年はシード権取れなかったけれど、また来年頑張って挑戦して下さいね。

お正月の風物詩を今年も楽しんできました。





記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


謹賀新年!

2019/01/02 23:35
画像
(花十両)

皆様あけましておめでとうございます。
今年も皆様にとりまして、喜びの多い幸せな年になりますようお祈り致します。

元旦に近所の神社へ初詣に行って来ました。
なんとおみくじは「大吉」でした。
おみくじに書かれていた言葉に、
「何事も正直にして他人を恨まず、仕事大事とはげみなさい。」
とありました。

大吉でなくてもこの言葉は全てに通じますね。

ずっと以前、「何をやっても大成功!」みたいなおみくじを引き当てたことがありましたが、これって本当にいいことなのかな、とむしろ心配になりました。

大吉を喜ぶよりも、常に真摯に毎日を過ごすことが大事ですね。

きっと今年もゆっくりマイペースな更新に終始すると思いますが、
どうぞよろしくお願い致します。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


MerryChristmasそして大晦日へ

2018/12/22 00:40
今年もあとわずかになりました。
来週はクリスマス。
ケーキを食べたら大晦日に向かってまっしぐらです。

暫く更新をサボってすみません。
この秋は例年通りに東京国際映画祭も、フィルメックス映画祭もちゃんと何本かずつ見て、ミュージカル「るろうに剣心」も見て、充実した日々でした。
でも新橋演舞場の地下へ降りる階段で転び、ひざ下を10センチ近く切り、両手は神経を痛めてしばらく使えず、夜痛みで寝られない、なんて云う経験もしました。

怪我は時間と共に着実に良くなり、今はもうすっかり大丈夫です。

階段を3段落ちたそうなのですが、気が付いた時には床に突っ伏していました。
その後友人から、私も3段落ちた、という話を聞いたり、もっと落ちて結果的に頭打って大ごとになった友人もいました。
先日は顔をぶつけてまさにお岩さん状態になった友人もいました。
どうぞ皆さんお大事になさってください。

今年の世相を漢字一文字で表すと「災」だそうですが、これは天災の事ばかりでなく、個人にも当てはまる事なのだと思い至りました。


痛い目にあいましたが、
今年見た映画はどれもいい作品ばかりだったし、
先日の忘年会で、去年は病気で来られなかった友人が元気な顔を見せてくれて嬉しかったし、
横浜中華街での忘年会でしたが、どのお料理も全部とても美味しかった!

画像

(「南粤美食」という広東料理のお店です)
画像


何より元気で今年一年を終えられそうなので、総括して良い年だったと言ってしまいましょう。


明日から横浜の映画館「ジャック&ベティ」で、『欲望の翼』が上映されます。
デジタルリマスター版と言えど、これが最終上映と聞きました。
12月31日が上映最終日だそうで、これはちょっともう見に行かれないかもしれない…
でも今年はまさかの「欲望の翼」の再上映があり、やはり嬉しい年でした。


少し早いですが、

皆様良い年をお迎えください。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


幻の映画をついに見ました。

2018/11/19 00:11
以前、一番好きな映画は?と聞かれると、いつも「まぼろしの市街戦」を挙げていました。

高校生位の時にテレビで見て、何とも言えない空気感と、風刺と優しさにあふれたこの映画が大好きでした。

その後もたびたびテレビで見る事はあったのですが、一度もスクリーで見たことが無いまま、何十年も経った今、デジタルリマスター版で完全復活、まさかこの映画をスクリーンで見られる時が来るなんて、思ってもいませんでした。

新宿ケイズシネマではもう今週限りですが、その後は横浜での上映が決まっていますので、次々に日本各地で上映されるのではないかと思います。

今日やっと見に行って来ました。

画像

1966年製作のフランス映画です。

何十年振り?に観たのに、全く古さを感じさせないのが驚きでした。
確かに反戦映画ですが、声高に反戦を訴えるのではなく、夢のような美しい映像と共に戦争の狂気を笑いとばします。

精神病院から解放された患者たちが、自由に着飾り、歌い笑い合う、まぼろしの世界の美しいこと!!


日曜日の午前中の上映でしたが、開場と同時に瞬く間に席が埋まりました。
そして上映が終わった時、いつもなら会場が暗いうちから席を立つ人がぼちぼちいますが、会場が明るくなっても皆、余韻に浸っているのか、直ぐには席を立ちませんでした、立てなかったと言った方がいいかな。
もちろん私もどっぷりと余韻の中に沈んでいました。

デジタルリマスター版の上映なのに、新しいパンフレットを作ってくれて嬉しかったです。
やっとこの作品の事を色々知ることが出来ました。

ずっと心の中にしまっていた映画を何十年後に観て、こんな映画だったっけ?とがっかりするのを、実はちょっと恐れていました。
でも、とんでもない、こうしてスクリーンで観ることが出来て本当に良かった!
デジタルリマスター版を作って下さってありがとうございました。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


香港ウィーク2018開催中

2018/11/08 00:29
東京では今週香港観光協会主催で香港ウィークという、香港の今を紹介するイベントや、企業をターゲットにしたシンポジウムが開かれています。
丸の内では香港のミニチュア展が開かれていましたが、これは既に終わっています。
先日は渋谷で開かれていた「現代チョンサムのコレクション」を見に行って来ました。
渋谷ヒカリエで開かれたコレクションは、展示の数は少なかったのですが、とても素敵でした。

刺繍が美しいウェディングドレス。
画像


普段にこんな柄のチョンサムは楽しいですね。
画像


会場ではチョンサムの紙型に布地を張ってブックマークを作るワークショップが開かれていました。
ただ布を張るだけなので、私でも簡単に作れました。
画像

もっと凝ったデザインも出来るのですが、細かいことはもう苦手で、これで精いっぱい。
でも楽しかったです。
このイベントは11日までです。

ワークショップで遊んでから新宿に移動、この日は日本でも公開された映画「29+1」の元となった舞台劇「29+1」の映画が上映されました。

新宿ピカデリーへ行くと、早速ロビーで「29+1」の監督さん、劇の方では一人芝居を演じた、役者さんでもあるキーレン・パンさんが日本のファンに囲まれてサインや写真撮影に応じていました。
画像

とてもチャーミングな女性です。

この上映会に気付くのが遅くて、チケットギリギリで取りましたが、とにかく買えて良かった観れて良かった。
画像


この映画は大好きですが、舞台はまた違った雰囲気で、一人二役を見事に演じ切るキーレン・パンさんに感歎!!
メガネをかけた途端に自由に生きるティンロンに替りメガネをはずすと、すっとキャリアウーマンだったクリスティに戻るとか、メガネの代わりにパーカーだったりと、小道具の使い方も面白かったです。
舞台映画なので字幕が付くのもありがたく、コンテンポラリーダンスも交えたキーレン・パンさんの熱演に、眼が釘付けでした。
舞台の上では、結構客いじりもあり、笑いもいっぱいで、これは毎回いろんなパターンでお客さんを喜ばせたに違いありません。
もちろんレスリーの歌「由零開始」も使われています。

映画終了後にご本人が登壇し、この劇への思いを話し、客席とのQ&A等も行い、とても和やかなひと時を過ごしました。
この舞台版のDVDはありますか?という質問に、劇中で色々な音楽を使っているので、版権問題がありDVDは作れないそうで、実に残念です。
来年4月には香港で新作の舞台を演じるそうです。

とてもエネルギッシュでかっこいいな〜という印象でした。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


蒸し鍋料理

2018/10/23 00:34
今香港で流行っている鍋料理があります。
今、と言うか、もうしばらく前からの流行ですが、今回初めて食べに行きました。

お店の名前は「潮福蒸気石鍋」、香港、九龍に何店舗もあるチェーン店ですが、選んだお店は深水捗の黄金商場の中にあるお店。
この商場はレスリーの映画「錦繡前程」(恋はあせらず)にも出て来る商場で、ただお店に入るだけでも、レスリーにかろうじてかかわりのある場所を選んでしまいます。

画像


蒸し鍋とは、いわゆるタジン鍋のような感じです。
画像


お肉に、
画像


蝦、
画像


ホタテ、
画像


野菜等々
画像

自分で調合した付けダレで頂きます。

他にもいろいろな具材があり、一種類ずつ蒸すと、その出汁が全部下に落ちて、下のお鍋に準備したお米が出汁を吸ってお粥へと変わってゆきます。
最後に様々なエキスをたっぷり吸ったお粥が出来上がります。
その美味しいこと!!
画像

デザートはやはり最後に蒸しあげたマーラーカオ。
画像


鍋奉行は係りのおばさん、全ておばさんがやってくれるので、失敗もなく、安心していられます。
でも1種類ずつ蒸し上げたのを全部食べきるまで、おばさんは次の具材を入れません。
なので、少し時間はかかりますが、最後のお粥の為と思えば我慢、我慢。

日本でこのスローペースの鍋料理は流行るかな?
香港でこのお鍋を買ってきて、家で蒸し鍋料理もいいですね。
でも海鮮が主材料なので、香港で食べても結構なお値段になるし、家で作るにも材料費はかかりそうです。

でももう一度食べたい癖になるお味です!!

やっぱり香港は美味しいです〜!!




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


北角でレスリー

2018/10/10 21:31
レスリーのお誕生日の12日には、少しでもレスリーに縁のある所へ行きたくて、ランチを北角の皇后飯店で食べる事にしました。

皇后飯店はこれまでに何度も開店閉店を繰り返していて、2年前にレスリーメニューのディナーを作ってくれた湾仔のお店が、今回は閉店していて驚きました。きれいな店舗だったのに、残念です。
北角のお店もいつまでやっているかわからないけれど、とりあえず「欲望の翼」の電話ボックスが置いてあったり、レスリーのポスターや写真が飾られているので、レスリー繋がりで食べに行きました。

ここは4月の時にレポートしているので、お店の様子はそちらをご覧いただきたいと思います。

今回はこの写真。
画像

「欲望の翼」のシーン?撮影時の写真でしょうか?
とても雰囲気のある写真で、初めて見るものでした。
写真の下の方にレスリーのサインが入っているのですが、暗くて見にくくて残念。

この日、なんとテーブル番号が12番でした。
画像

こんなことが妙に嬉しいです。

私が食べたのは、ボルシチとドリア。
画像


画像

ドリアは、ずっと以前「為你鐘情」で食べた蟹グラタンのクリーミーで濃厚な味を思い出しました。

食事中にちょっと嬉しいことが。
近くのテーブルに一人で座っていた40代くらいの女性が、ススっと我々の所にやってきて、
「あなたはレスリーのファンですか?私もレスリーが好きです。」と話しかけてきました。
その時私はレスリーのTシャツを着ていたから、私に話しかけてきたのですが、もちろん我々皆レスリーのファンですよ、と答えると、嬉しそうに、でもちょっと恥ずかしそうに、「日本が大好きで、良く行きます。」と、これ全部日本語で話してくれました。
それだけ言うと又自分の席に戻ってゆきましたが、レスリーが好きで日本が好きで、日本語ちょっと話せて、思わず話をしたかったのでしょうね、ものすごくその気持ちが判るので、私たちも嬉しくなりました。
お店を後にする時にはもちろん手を振ってご挨拶、とても素敵な女性でした。


☆すでに皇后飯店の記事はアップしていましたね。
少々時間が経っていて、うっかりしました。
どれだけ12番が嬉しかったのか…!!(笑) 失礼しました。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


香港あれこれ

2018/10/06 23:19
香港のレポートをしますと言いながら、更新遅くてすみません。

今回香港で映画も見てきました。
1本目は『大師兄』、主演はドニー・イェンです。
画像


正義感の固まりの様な高校教師、ドニー先生が荒れまくっているクラスの子ども達、一人一人に向き合って、助けてゆくという、ちょっと前のテレビドラマ、「ごくせん」のドニー版、まんまでした。(ドニーさんは極道ではなく、元傭兵のような感じでした。)

なので、内容は分かりやすく、さほど言葉が判らなくても問題なくストーリーを追って楽しく観ることが出来ました。
要所要所にドニーさんの超カッコいいアクションもあり、とても面白かったです。
高校生(香港では中学生)役の子ども達が皆魅力的でした。

もう1本は、「逆流大叔父」、ン・ジャンユー主演です。
画像

この写真はン・ジャンユーではありませんが、流れていた映像を撮ったので、うまく撮れませんでした。
こちらはドラゴンボートレースのチームの話です。
とても軽妙な流れで、可笑しくもあり、楽しい映画なのですが、言葉が本当に分からなかった。
今の香港人が普通に話している広東語、時に風刺もあり、ウイットに富んだ話し言葉は、少々広東語をかじっている位では全くお手上げでした。

やっと分かったのが、チームの名前を付けるのに、『英雄本色』は?と提案したら「ダサい…」で、お客さん大笑い。でも結局最後は『英雄本色』の文字が入ったTシャツを着て、レースをしていました。ちょっと嬉しかったです。
(英雄本色=男たちの番歌)

ン・ジャンユーがオジサンなのに可愛かったです。
香港で大ヒットしていましたが、実はまだロングラン上映中です。


さて、ピークのマダムタッソー蝋人形館では、レスリーのところにお誕生日のお祝いのお花を贈ることが出来ました。
時間がなくて自分はピークまで行かれなかったのですが、友達が写真を撮ってきてくれました。

画像

レスリーは部屋の端っこの方に居て、お花ばかりが部屋とレスリーを埋めていたそうです。

これは三日月ですね、何か良く分からないデザインのお花が多くて面白いです。
でもきれいですね。
画像



もう少し続きますので、お待ちくださいね。

記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


沙田のお寺

2018/09/23 23:09
9月12日には、沙田のお寺へも行って来ました。
丁度台風の影響で風が強まり、時折雨の降る不安定な天候でしたが、、雨が止めば高い湿度のせいで汗が吹き出す厳しい気候でした。
でもいつものような照り返しのひどい暑さでなかったのが、救いでした。

最寄りの沙田駅から徒歩3〜4分。
画像


直ぐにお寺に着きます。
画像


ここから途中まではエスカレーターを使い、ひたすら山を上がってゆきます。
レスリーのお墓(廟)の所まで上ると、すでにフローレンスさんが祭壇の準備をしていました。

画像


画像

後から後からきれいなお花が届きます。
画像

お参りを待つファンの列。
画像

何度か来ているけれど、ここでこんな曇り空は珍しいです。

入り口にもお花。
画像


順番に廟に入り、お参りをします。


この日お参りの後、北角の皇后飯店へ行きました。
レスリーのお誕生日には、レスリー縁の店、縁の地を訪ねたいと思うので。
皇后飯店では「欲望の翼」のとても珍しい写真が飾られていて、サインも入っているのですが、写真自体がとても暗いので、サインまでは写せませんでした。サインは下の方に入っています。
画像


なんとテーブルナンバーが「12」、というオチが付きました(笑)
画像



(つづく)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


香港からただいま〜!

2018/09/16 23:06
昨夜久々の成田到着で帰ってきました。

台風の情報にハラハラさせられたものの、昨日は良く晴れた暑い日で、これで台風が来るのが信じられない位でした。
飛行機もちゃんと飛び、帰ってきましたが、今日は台風で全便が欠航したそうです。
今日帰国予定だった友達も香港で足止めです。
明日無事に帰れたらいいのですが。

今年のレスリー62才のお誕生日は、香港のファンたちが写真展を開いてくれ、更にファンによるトークショーが開かれました。

写真展会場入り口のポスターです。
画像


狭い会場でしたが、レスリーのすでに発表されている写真の別バージョンが多く展示され、見たことのない表情のレスリーには、今でも胸がときめきます。
画像


画像

一緒に写真を撮りましょうのコーナーもあり、ちょっと遊べるようにもなっていました。
画像

一緒に撮ってみたのですが、最初の一枚は思い切り腰が引けて横を向いちゃいました。気を取り直して二枚目はちゃんと寄り添う風に取れて満足。
もちろん、こっぱずかしいのでお見せ出来ません(笑)

12日には沙田のお寺にも行って来ました。

特に何の区切りもない年なので、全体に地味な感じでしたが、こうしてまた香港へ行くことができ、レスリーに会えて幸せでした。

またぼちぼちと香港をレポートしますので、待っていてください。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


香港へいってきます!

2018/09/09 20:47
先日の北海道の地震にはびっくりしました。
震度7なんて、想像も出来ません。
被害に合われた皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

その前に、大阪始め関西方面を襲った台風も大変な被害が出ました。
屋根が飛んだり車が転がったり、見たことのない光景がニュース画面に映し出されていました。
さぞかし怖かった事でしょう。
こちらも、被害に合われた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

この台風で、関空の機能がマヒし、大阪の友達が泣く泣く香港行きをキャンセルしました…
と、思ったら、昨日ピーチエアーが飛ぶのが判り、急きょチケット購入して、友達は既に香港に降り立っています。
良かった良かった!!
しかし飛ぶの飛ばないのと、本当に気のもめる事でした。


やっとやっと明朝、私も香港へ飛びます。
9月12日のレスリーのお誕生日を香港で過ごして来ます。

東京もやっと涼しくなってきましたが、香港はどうなんでしょうね。

レスリーのお誕生日には、香港でイベントが開かれます。
帰ってきたらまたレポートしますので、待っていてください。


最後にちょっと悲しいお知らせが…
先日ブログに書いた「埼玉こども動物自然公園」の、世界で一番小さな鹿ブーズ―の赤ちゃん、ジュンちゃんが9月5日に亡くなりました。
好奇心旺盛にガラス窓に顔をくっつけてこちらを覗いていたジュンちゃんの可愛い姿が今も目に浮かびます。
又成長した姿を見るのを楽しみにしていたのですが、残念です。
画像

ご冥福をお祈りします。


それでは香港へ、レスリーに会いに行ってきます!!


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アンディ映画健在

2018/08/28 23:23
昨年1月に落馬事故で長期休養していたアンディ・ラウがいよいよ現場復帰…
新しい映画も撮っている模様です。
年末にはコンサートも予定されていて、鉄人アンディここにあり!

そして今新宿シネマートで公開中の映画、これは事故の前に撮った作品ですが、先日観てきました。

☆『SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班』
画像


監督 : ハーマン・ヤオ
出演者 : アンディ・ラウ、チアン・ウー、フィリップ・キョン、
       ソン・ジア、フェリックス・ウォン、ベイビー・ジョン・チョイ
2017年 中国・香港

久々のアンディ全開作品、いえ、爆裂作品。
こういうのが見たかった!!と思わせる、王道の爆弾アクション、誰もが納得の警察対悪者。
これは一言口を滑らせるとネタバレになってしまうので、慎重に!!

今までアンディ映画と言えば、はいはい、と分かるような展開で、アンディの一人勝ち!でしたが、今回はさすがにアンディも貫禄を付けて来て、重厚な演技を見せてくれます。
ストーリーは判りやすいものの、予想を裏切る急展開などで、目が離せません。
爆弾は躊躇なく爆発するし、銃撃戦も容赦なし。
ちょっと割り込ませた大人のラブストーリーもまあOKでしょう。

とにかく見ごたえありました。
しかもテロリストが狙ったのが香港島と九龍半島を結ぶ海底トンネル。
香港へ行くたびに、1回と言わず何度か通るトンネルが舞台となれば、興奮度も増します。

今度香港へ行ったらトンネル通るときはちょっとワクワク?ドキドキかも。

爆弾アクションものがお好きな方は、必見です。

アンディはやっぱりこうでなくちゃね、かっこよかったです〜!



記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


目黒に行って来ました。

2018/08/13 00:07
今日は目黒の古い名画座「目黒シネマ」へ行って来ました。
上映作品は、「パディントン」の1と2の二本立てです。

午前中の回は日本語吹き替えだったのですが、早い時間に見てしまいたかったので、朝10時の上映開始に間に合わせて目黒へ。
9時半に到着したのに、もうお客さんの行列が出来ていました。

画像


ロビーにはこの映画館のスタッフさんたちが作ったというパディントンの実物大人形…ぬいぐるみが置かれていて、ちゃんと手を繋いで写真を撮れるようになっていました。
画像


スタッフさんたちはパディントンと同じ赤い帽子をかぶって、私たちを迎えてくれました。
若くてとても感じのいいスタッフさん達で、気分良く、映画鑑賞。

「パディントン1」は、初めてスクリーンで見たのですが、映像に迫力があり、やっぱり映画は映画館!!と思わせるのに充分な、楽しい作品でした。

午前中から続けて2本!!で、さすがに疲れました。

一緒に行った下の娘が目黒の雅叙園に行ったことが無いというので、帰りにちょっと遠回りをして雅叙園に寄ると、今度は「百段階段」を見たことが無いというので、ちょうど百段階段で開催中の展覧会を見てきました。

「百段階段」は、雅叙園の中にある古い木造家屋を残した一画で、真っ直ぐに上る100段(実際には99段)の階段の途中に幾つかの部屋があり、それぞれが趣向を凝らし、贅を凝らした装飾に彩られている、東京都指定有形文化財になっている建物です。

画像


「和のあかり」という展覧会で、各部屋ごとにテーマの違うアート作品を部屋いっぱいに飾り、それぞれの灯りを愛でる…そんな展覧会でした。

画像


画像

壁にも天井にも和のゴージャスな絵が描かれています。

画像


画像


画像

とにかく部屋ごとにキラキラと豪華な飾りと照明が美しく展示されていました。

画像


画像

天井から吊るされたたくさんの風鈴が涼やかでした。

画像

細長い階段が上へ上へと延びて、やっと頂上です。

画像

窓がとてもおしゃれです。

古いと言っても昭和初期に作られた建物だそうで、明治や大正とはちょっと違う、和室といいながらもどこか和洋折衷で新しい息吹も感じられる、面白い建物に思えます。

初めて行った娘はきれい!!面白い!!と大興奮で写真を撮っていました。
私はスマホで撮ったのですが、ちょっと画像サイズを間違えて小さく撮ってしまい、大きく伸ばしましたが、画像が荒れてしまいました。
見にくくてすみません。

お客さんがいっぱい!ご年配もいれば若いカップルや家族連れ、浴衣姿の女性もたくさんで、皆さん狭い階段をフーフー言いながら上り下りしていました。

思いがけず面白い所へ行って来ました。

今日は午後から暑さが少し収まって、だいぶ楽でした。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


フィギュアスケート

2018/07/20 12:10
昨夜、とても悲しいニュースが飛び込んできました。

カザフスタンのフィギュアスケーター、デニス・テンさんが暴漢に襲われ、亡くなられました。

フィギュアスケートが大好きで、冬になると我が家のテレビはフィギュア優先で、選手たちの華麗な演技に一喜一憂しています。

もう何年も前に、カザフスタンという国から出て来た少年のような選手、我が家ではテンちゃんと言っていましたが、「この子、今に延びるよ〜!」と注目し、その通りに、彼の演技は毎年毎年確実にレベルを上げ、彼自身も少年から青年へと成長していくのを見るのはとても嬉しかったです。

ソチオリンピックではなんと銅メダルという快挙に、金メダルの羽生君の雄姿ともども、喝彩を挙げました。

最近はケガもあって力が落ちてきたのが残念でしたが、カザフの貴公子テンちゃんの姿を見るのいつも楽しみでした。

大好きなスケーターだったので、記憶を残したいと思い、アップしました。

…この言葉を言ってしまうと、もう彼に会えない事を認めてしまうので言いたくない、でも、テンちゃんの演技はこれからもずっと忘れません。

  ご冥福をお祈りいたします。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お久しぶりです。

2018/07/20 11:59
少々更新をさぼりましたが、この暑さ、皆様お元気にしていますか?

先日は西日本の豪雨による甚大な被害があり、胸が痛くなることばかりでした。
被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

ニュースを見て、手をこまねいているだけしかできないのがもどかしいです。

皆様が早く元の生活に戻れますよう祈念いたします。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


プーズ―の赤ちゃんの名前

2018/07/01 13:11
先日行ってきた埼玉こども動物自然公園の、世界一小さな鹿プーズ―の赤ちゃんの名前が決まりました。

6月生まれから、「ジュン」という名前に決まったそうです。

候補の名前の中から、来園者の投票によって決まりました。

男の子だったのね。
いい名前を貰ったね、元気に育ちますように。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


世界で一番小さい鹿プーズ―

2018/06/27 13:57
先日テレビで世界一小さな鹿の赤ちゃんのニュースをみました。
画面の中の小さな赤ちゃんは、それはもう可愛らしく、見たお客さんが、うちの猫より小さい!と相好を崩していました。
日本の動物園の話なので、どこ?どこ?と見ていたら、埼玉県こども動物自然公園…だとか。

埼玉県、それも東松山市にこんな動物園があるなんて知らなかったし、そこにこんな珍しい動物がいるのも知りませんでした。

実は友達が東松山市に住んでいて、遠いね〜、とだけしか認識が無かった。
都内で何か集まりがある時には、暗くなるのを待たずに家路に着く友達です。

動物園は東松山の一つ手前の高坂という駅、遠いけれど、行かれない距離じゃないよね…
第一プーズ―の可愛さったら、もう〜、見たい会いたいと、思い立って昨日行って来ました。

我が家からは、東武東上線に乗り入れるメトロ副都心線で行けばほぼ1本で真っ直ぐ行かれるはず。
調べに調べて朝10時前に家を出ます。
副都心線に乗ろうとしたら、少々遅れが出ているらしいです。でもスマホの乗換案内のアプリに従って出発。

乗り出があるのよね〜、しかも池袋から先はほとんど未知の世界で駅名を聞いてもちんぷんかんぷん。
とにかく真っ直ぐ乗っていればいいと思い込んでいたので、「次の駅を出ると終点飯能です」というアナウンスにびっくり、さすがに違うだろう!
入間市で降りて駅員さんに聞いて川越まで戻り、改めて東武東上線に乗って、1時間近く遠回りしてやっと1時頃に無事高坂に着きました。
何故間違えたか今も分かりません、次回は気を付けようってことで。

高坂からバスで3つ目、動物園の入り口へ行けば、あれ?今日は休園日?と間違えるくらいひっそり…いえいえ、ちゃんと開園していました。
今まで上野動物園ばかり行っているから、こんなに静かで人が少ない動物園は慣れないだけの話です。

画像


広い!きれい!緑がいっぱいでとても気持ちのいい動物園というか、公園です。

まずプーズ―!!
緑の中を歩いていくとお庭付きの家…部屋の中にプーズ―がいました。
画像

部屋の中で、ガラス越しなので、暗くてわかりにくいです。
でも小ささは伝わりますか?
お母さんと一緒だと、大きさが分かりますよ。
画像

お母さんの大きさが中型犬(柴犬?)くらいなので、赤ちゃんはチワワ位でしょうか。
好奇心旺盛でガラスに顔をくっつけて来るので、近すぎて写真が撮れない〜!という嬉しさです。

この赤ちゃんの名前はまだ付いていません。
確か今日あたり発表なんだけど…発表になったら追記で書いておきますね。

いくら見てても見飽きない可愛さですが、折角なので、他の動物さん達も見にいきます。

プーズ―の隣にペンギンのプールがあります。
ぐるっと柵で囲われていて、お客さんはその柵の中に入ってプールサイドでペンギンさん達を見ることが出来ます。
丁度ご飯の最中で、飼育員さんがバケツに入った魚(アジ)を一羽ずつにポイポイと食べさせています。
画像

餌をやりながらペンギンと餌の話、羽が抜け替わる時期は水に入れなくて絶食するので、大量に餌を食べるのだとか、とても面白い話をいっぱいしてくれます。
聞いているのが4〜5人というのが申し訳ない位楽しい話でした。

食事タイムが終わると飼育員さんが拍手して下さいと言うので、拍手〜!するとそれが食事終了の合図で、ペンギンさん達が皆プールへと引き上げます。

画像

時にはお客さんの横をすり抜けて裏にある飼育箱の方へと帰る子や、超自然体です。
プールはガラス張りになってるので、横から見ると水の中にぷかぷか浮かんでいる白黒がとてもシュールで面白かったです。
画像


ペンギンさんを後にして、もう一度プーズ―を覗くと、赤ちゃんは見えず、お庭でお父さんとお母さんが仲良く寄り添っていて、素敵な光景でした。
画像


歩いている途中で、乳牛の乳しぼり体験というのをやっていて、子供たちが乳しぼりをしています。
3〜4人の子どもしかいなくて、手持無沙汰の飼育員さん、大人の方もどうぞなので、生まれて初めて乳しぼりをしてみました。
画像

大人しい乳牛で、とても柔らかかったです。
でも身体はガッチガチに堅かった。

中央の広場でポニーを引いているお姉さんとお話。
こども乗馬体験ができるそうで、大人はダメよね、と言ってみたら、大人用の馬もいるそうで、どうぞどうぞと勧められ、カッコいい飼育員のお兄さんにひかれて、広場を一周、乗馬体験をしました。
像


誰かと一緒だったら恥ずかしくてできない事も、広々とした緑の中で童心に返って何でもできちゃう感じでした。

でもとにかく広くて全部歩くのは無理なので、昨日は全体のほんの20%程度を見て終わりましたが、もう一度、今度はコアラやカピバラなども見たいと思います。

園内を可愛いバスが走っていますが、平日のバスダイヤは一時間に1本で、昨日は乗ることが出来ませんでした。

幼稚園前位の小さな子どもと、バギーに乗った赤ちゃんを連れた若いママさんとパパさんたちがのんびりと過ごしていました。
いい動物園、公園ですね、今まで知らずにいたのがもったいないくらいでした。



東松山在住の友人よ、今度は一緒にプーズ―見ませんか?!(笑)



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


シャンシャンお誕生日おめでとう!

2018/06/12 21:22
6月12日は上野のパンダ、シャンシャンのお誕生日です。
何もお誕生日に行かなくてもいいでしょ、と思うのですが、ご祝儀ご祝儀と、
下の娘と上野へ行って来ました。

8時半頃動物園の前に到着。
年パスを持っている娘が、先週私の分の前売りチケットを買ってきてくれたので、年パス&前売りの行列に並んだのですが、この大行列です。
更に当日チケットを買う人たちの列が奥の方に一杯です。
画像


上野動物園によると、開門前に並んだ人の数は4000人だそうです。

開門と同時に中へ入ると、本日の記念に無料で配られたお誕生日カードをもらいます。
画像


最近リンゴが食べられるようになったシャンシャンの可愛いカードです。

さて、そこから1時間をゆうに超えて並び、やっとパンダ舎へ。

整理券の配布が無くなったため、今はひたすら並んで順番を待ちます。

最初はシンシン(お母さん)のお部屋。
画像

いつも盛大に食べています。

次はいよいよ…外の運動場ですが、どうやらシャンシャン木の上で寝ているらしい…
又ねんねのシャンシャンか〜とゆるゆる進むと、
あれ,シャンシャン起きた?
ゆっくりと頭を持ち上げて、スルスルと木から下りてきます、か・可愛い〜!!

画像


画像


画像

よいしょ、と、降り立ったと思ったら、ぱたん!
画像

また寝始めました。

ほんの一瞬、初めて動いているシャンシャンを見ることが出来て、大喜びです。

「立ち止まらないでくださ〜い!!」と声をかけられて隣へ移ると、お父さんのリーリーがウロウロしていました。
画像

相変わらずのイケメンパンダです。

見終わって外へ出たら、こんなボードが。
画像


ひゃ〜、ちょっと到着が遅かったら2時間以上待たなきゃいけなかったです。
頑張って早起きした甲斐がありました。

この後グッズ売り場で娘がこの日発売されたシャンシャンフォトブックを買うのに、また1時間の行列。
限定のアイシングクッキーがとても可愛かったので、お土産です。
画像


お誕生日おめでとう!シャンシャン!!



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


恵比寿ガーデンシネマ

2018/05/22 22:58
待ちに待っていた香港映画「29+1」が、
「29歳問題」という日本題で、東京は「恵比寿ガーデンシネマ」で公開が始まりました。

先週は高校の同窓会があり、幹事だったので、5月に入ってめちゃくちゃ忙しくて他の事が何も出来ないでいました。(ブログ更新も含めて…)
やっと同窓会が終わり、去年秋からずっと携わってきた幹事のお仕事が終わり、今日はほっと一息、映画を見に行って来ました。

画像


恵比寿ガーデンシネマはとてもおしゃれな映画館です。
ホテルのように素敵なロビー、カフェコーナーもあり、ポスターの飾り方もとてもおしゃれです。
画像


画像


平日の昼間の時間帯だったので、お客さんは決して多くはありませんでしたが、以外に年配の人や、男性の姿も目に付きました。

この映画は3回目ですが、やはり泣いてしまいます。
女の子二人の他愛ない日常を見ているつもりがいきなり重い現実に直面し、涙してしまいます。
でもその後もこの二人の女子は前を向いて明るい未来を見つめながら進んでいきます。

レスリーの歌や、LPなど、レスリーのものが随所に現れるのが、レスリーファンの間では話題になり、ファンなら見なくちゃ!!と口コミが広がりましたが、ファンじゃなくても、普通に今を生きている女性たちにも見て欲しいと思います。
ちなみに私は上の娘に盛大プッシュしています。

どうぞ見逃さないでくださいね。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる