大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 香港ウィーク2018開催中

<<   作成日時 : 2018/11/08 00:29  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京では今週香港観光協会主催で香港ウィークという、香港の今を紹介するイベントや、企業をターゲットにしたシンポジウムが開かれています。
丸の内では香港のミニチュア展が開かれていましたが、これは既に終わっています。
先日は渋谷で開かれていた「現代チョンサムのコレクション」を見に行って来ました。
渋谷ヒカリエで開かれたコレクションは、展示の数は少なかったのですが、とても素敵でした。

刺繍が美しいウェディングドレス。
画像


普段にこんな柄のチョンサムは楽しいですね。
画像


会場ではチョンサムの紙型に布地を張ってブックマークを作るワークショップが開かれていました。
ただ布を張るだけなので、私でも簡単に作れました。
画像

もっと凝ったデザインも出来るのですが、細かいことはもう苦手で、これで精いっぱい。
でも楽しかったです。
このイベントは11日までです。

ワークショップで遊んでから新宿に移動、この日は日本でも公開された映画「29+1」の元となった舞台劇「29+1」の映画が上映されました。

新宿ピカデリーへ行くと、早速ロビーで「29+1」の監督さん、劇の方では一人芝居を演じた、役者さんでもあるキーレン・パンさんが日本のファンに囲まれてサインや写真撮影に応じていました。
画像

とてもチャーミングな女性です。

この上映会に気付くのが遅くて、チケットギリギリで取りましたが、とにかく買えて良かった観れて良かった。
画像


この映画は大好きですが、舞台はまた違った雰囲気で、一人二役を見事に演じ切るキーレン・パンさんに感歎!!
メガネをかけた途端に自由に生きるティンロンに替りメガネをはずすと、すっとキャリアウーマンだったクリスティに戻るとか、メガネの代わりにパーカーだったりと、小道具の使い方も面白かったです。
舞台映画なので字幕が付くのもありがたく、コンテンポラリーダンスも交えたキーレン・パンさんの熱演に、眼が釘付けでした。
舞台の上では、結構客いじりもあり、笑いもいっぱいで、これは毎回いろんなパターンでお客さんを喜ばせたに違いありません。
もちろんレスリーの歌「由零開始」も使われています。

映画終了後にご本人が登壇し、この劇への思いを話し、客席とのQ&A等も行い、とても和やかなひと時を過ごしました。
この舞台版のDVDはありますか?という質問に、劇中で色々な音楽を使っているので、版権問題がありDVDは作れないそうで、実に残念です。
来年4月には香港で新作の舞台を演じるそうです。

とてもエネルギッシュでかっこいいな〜という印象でした。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
香港ウィーク2018開催中 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる