大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 幻の映画をついに見ました。

<<   作成日時 : 2018/11/19 00:11  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

以前、一番好きな映画は?と聞かれると、いつも「まぼろしの市街戦」を挙げていました。

高校生位の時にテレビで見て、何とも言えない空気感と、風刺と優しさにあふれたこの映画が大好きでした。

その後もたびたびテレビで見る事はあったのですが、一度もスクリーで見たことが無いまま、何十年も経った今、デジタルリマスター版で完全復活、まさかこの映画をスクリーンで見られる時が来るなんて、思ってもいませんでした。

新宿ケイズシネマではもう今週限りですが、その後は横浜での上映が決まっていますので、次々に日本各地で上映されるのではないかと思います。

今日やっと見に行って来ました。

画像

1966年製作のフランス映画です。

何十年振り?に観たのに、全く古さを感じさせないのが驚きでした。
確かに反戦映画ですが、声高に反戦を訴えるのではなく、夢のような美しい映像と共に戦争の狂気を笑いとばします。

精神病院から解放された患者たちが、自由に着飾り、歌い笑い合う、まぼろしの世界の美しいこと!!


日曜日の午前中の上映でしたが、開場と同時に瞬く間に席が埋まりました。
そして上映が終わった時、いつもなら会場が暗いうちから席を立つ人がぼちぼちいますが、会場が明るくなっても皆、余韻に浸っているのか、直ぐには席を立ちませんでした、立てなかったと言った方がいいかな。
もちろん私もどっぷりと余韻の中に沈んでいました。

デジタルリマスター版の上映なのに、新しいパンフレットを作ってくれて嬉しかったです。
やっとこの作品の事を色々知ることが出来ました。

ずっと心の中にしまっていた映画を何十年後に観て、こんな映画だったっけ?とがっかりするのを、実はちょっと恐れていました。
でも、とんでもない、こうしてスクリーンで観ることが出来て本当に良かった!
デジタルリマスター版を作って下さってありがとうございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
幻の映画をついに見ました。 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる