大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今期ドラマの総括

<<   作成日時 : 2011/12/27 00:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

クリスマスも過ぎ、今年もあと数日で終わりです。

今期のドラマのまとめをチャチャッとやっておきます。
今期は結構見まくっていたので、お気に入りに挙げたいのがいっぱいあります。

☆「妖怪人間ベム」

早く人間になりた〜い!という妖怪3人の物語。
子供の頃、このアニメがテレビで放映されていたのですが、絵があまりに可愛くなくて見ていなかった、という覚えがあります。
今回の実写版では、CGを使って彼ら3人が妖怪に変身する様を上手く見せてくれました。
こういう内容って、ツボにはまっちゃうんですよね。
周りに気を使いながらけなげに生きて、正義に燃えて、悲しくて切ない。
3人の妖怪の配役も素晴らしく、毎回真剣に見させてもらいました。


☆「家政婦のミタ」

第一回目を見た時、何だかよく分からなくて、えっ、どうなるの?何なの?という疑問がいっぱいで、どうしてもニ回目を見ずにはいられませんでした。
それでもドラマが何を主題に動いて行くのかつかめず、また次回も見なくっちゃ…と。
上手いドラマ運びですっかり夢中にさせられました。

こんな脚本、どうやったら思いつくんでしょうね。
意外性のてんこ盛りで本当に面白かったです。
でもあまりの大ヒットに正直驚いています。今までになかったこういうドラマを、皆待っていたのですね。


☆「11人もいる」

大家族のドタバタ、でもそこに幽霊も加わって、ちょっとミステリアスに進行します。
幽霊と、それが見える末っ子の男の子、ちゃらんぽらんなお父さん、しっかり者の長男、毎回エピソードのスポットが当たる子供達一人一人の性格、どれをとっても毎回爆笑しながらも、ちょっとほろりとさせる、絶妙のバランスのドラマでした。

ああ、これって、宮藤官九郎、クドカンのドラマでした。もうこの人の可笑しさにはいつも脱帽です。


☆「DOCTORS 最強の名医」

最初シリアスなドラマかと思ったら、あれ?意外と可笑しい?ギャグ的なオーバーな演技もあって、案外これは軽いドクターものだと分かりました。

軽く見ていたのですが、俳優さん達の層の厚さと演技の確かさに、毎回しっかりとひきつけられました。

あれもこれもこんなにうまく行くわけない、と思いながらも、ドラマだもの、サクサクと話がいい方向に進んでいくのは、肩が凝らなくて良かったです。


☆「専業主婦探偵〜シャドー」

これも俳優さん達の力量に参った!1本です。

ちょっとあり得ない設定で、普通の主婦(普通よりもっと世間知らず)が探偵になって、ご主人の会社の陰謀を暴き、旦那さんを救う、という…あり得ないことが山ほど出てきます。

それでも楽しめたのは、俳優さん達が上手かったから!!
特に探偵役の桐谷健太さん、素晴らしかったです。
人妻と判っているのに、どうしても彼女にひかれて行くのを止める事が出来なくて、せつない胸の内を見事に見せてくれました。
探偵さんの気持ちを思うと、こちらまで切なくなってしまって、すっかり気持ちが彼とシンクロ。
上手い役者さんです!!


他にも実はいっぱい見ていました。
この秋は映画祭もあったので、第一回目はほとんどが録画、たいていこれでめんどくさくなってしまうのですが、今年はしっかり楽しくドラマ漬けになりました。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今期ドラマの総括 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる