大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小学館そして金魚アート

<<   作成日時 : 2013/08/22 11:46   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今週火曜日、神保町にあるもうすぐ取り壊しの小学館ビルへ行ってきました。

名だたる有名漫画家さんたちが壊されるビルを惜しんで、ビルの壁に落書き大会をしているというニュースを知り、下の娘と見に行ってきました。

画像


ビルの前に着くと、たくさんの人たちが大きな窓ガラスから中を覗き込んでいました。

画像


外から見える部屋の中の壁に、たくさんの落書きがありました。

画像


でも、見に来た人の為に、それらをコピーしたものが外に面したガラス面に貼られていて、たくさんの落書きをちゃんと確認する事が出来るようになっていました。

これは中の絵をズームで撮りました。
画像


私のお目当ては萩尾望都さんの「ポー一族」のエドガー!

画像


大分軽いタッチで、しかも裏返しでしたが(コピーの絵はほぼ皆裏返し)、生絵にワクワクでした。
今週土日にはビルの中へ入れるそうですが、きっとすごい人でしょうから、サクッと外から見てきました。
オバQがたくさん、ケロロ軍曹もたくさん、いろいろな漫画の主人公や脇役たちで、とても賑やかでした。

ガラス面を撮るので光ってしまい、上手く撮れず残念でした。


小学館を見た後は、神保町の古本屋や路地を散歩。
レスリーファンになった最初の頃は、この神保町にあったレンタルビデオ屋「アジア映画」に毎週通っていました。
そこでファン友達と会い、一緒にお昼を食べたり、中国語の本屋さんを覗いたり、レスリーの話をして時間を過ごしました。
そんな時はいつも先日亡くなられたIさんと一緒でした。歩いているとIさんの姿があちこちに見える気がして、思いがけず追悼のひと時になりました。
神保町は私にとって懐かしく、想い出の詰まった街です。


この時点でまだお昼時、娘と一緒に日本橋まで足を延ばして、延ばしついでにコレド室町の中の日本橋三井ホールで開催中の「金魚アート」を見てきました。

画像


先日テレビでこのアートを見て、そのあまりの美しさに絶対に見に行こうと思っていました。
さすがに人が多くて大変、しかもカメラ撮影OKなので、皆が皆カメラを構えて大奮闘!しかし激写に値する美しさに息をのみました。

透明なアクリルの鉢に入った大ぶりの美しい金魚たち!
それぞれの展示は作家さんの創作になっていて、その個性的な展示はまさにアート!
金魚は、出目金あり、ランチュウあり、獅子頭あり、それぞれの金魚の名前が分かるようになったいましたが、たくさんい過ぎて…とにかく理屈抜きです!

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


大きくて凝った展示です。
画像

色がくるくると変わります。

画像


桜錦という金魚はとても美しかったです。
画像


壁面いっぱいに四季の映像が流れる中優雅に金魚たちが舞います。
画像


画像


ここまで一時間近くかけてじっくりと鑑賞。
でも、このコーナーの木枠(桶?)に入れられた金魚を見ると、皆一様に「あ、何だかホッとするね。」と言っていました。
日本人の郷愁はここですね。
画像


ラストは白い着物の上を群なして泳ぐ金魚模様の着物。
画像

なるほど、なるほど!


この金魚アートは9月23日まで開かれています。
夜はナイトアクアリウムという物を見せてくれるようです。

カップル多かった…
でも、一人でも、子供連れでも、友達同士でも、金魚は誰もが楽しめる日本の「涼」ですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小学館そして金魚アート 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる