大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月1日の香港(3)

<<   作成日時 : 2014/04/23 00:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

4月1日の夜は新たなファングループであるレスリー・サイバー・ワールドの主催でイベントが開かれました。

「継続張國榮 Leslie in Concerts」

場所は九龍塘のパプティスト大学の大ホールです。
地下鉄の旺角で乗り換えて3駅、駅から歩いて10分はゆうにかかるので、キャンドル追悼会を終えて、中環から大急ぎで移動です。

画像

(午後、イベントの記念品を受け取りに行ったときのホールの写真です)

レスリーのコンサート映像をたっぷり見せてくれるらしいのですが、どんな内容かは全然わからない…でも、香港のファンが作ってくれる映像に外れがあったためしがないから、充分期待します。

そこそこ大きなホールはファンでいっぱい、舞台上にスクリーンが設置されています。
始まると、冒頭はレスリーの歌手としてのスタートをナレーション、そして映像が映し出されました。 
まずはホンハムでの初コンサート、85年の映像からです。

画像

(会場に飾られていたボードです)

85年といえば若くて元気ではじける可愛いレスリー!!アイドル時代のぴかぴかレスリーです。
次々に流れるポップでアイドルな歌に会場中大興奮です。

次は86年、このコンサートは大好きなので大興奮が続きます。

画像


もちろんコンサートを全部見せてくれるわけではなく、抜粋して何曲かをつなげていくのですが、さすがファンの目線で選んだ曲、この曲来たか!こう来るか!みたいな…選曲の妙も同時に楽しめました。

86年はゲストが3人いましたが、そのうちの女性歌手、キット・マックの映像が流れたので、ゲストまで見せてくれるのかとちょっと意外に思っていたら、なんと舞台に本人登場!で、スクリーンのレスリーと一緒に「ミラクル」をデュエットです!!

画像


このサプライズに会場から大きな歓声が上がりました。
画面には若いレスリーと、不思議な帽子にフリンジのついた衣装のキット・マック、そこに現在の彼女がオーバーーラップして、当時と変わらない見事な歌声を聴かせてくれました。

歌い終わって司会の人と少しおしゃべりし、多分レスリーのことを話しているのでしょうが、内容を把握できなくてすみません。
今もとても可愛らしい人でした。

さあ、コンサートは88年のペプシコンサート。

画像


私がファンになりたてのころ、初めて手にしたコンサートビデオがこの88年のものでした。
この思い入れたっぷりのコンサートを、大きな画面で見ることが出来て嬉しかった〜。

一つのコンサートで抜粋する映像は約30分前後でしょうか、怒涛のようにノンストップで続きます。

次は告別演唱會。

画像


緩急つけた選曲の素晴らしさにため息が出ます。
「千千闕歌」なんて、ファンならではの選曲ですよね。

ラストの封「口米」儀式もしっかり見せてくれます。香港のファンにとって、この時のレスリーの引退は大きな悲しみと共に大切な思い出ですね。

ここで画面に「続きは来年!!」(思いっきり日本語で失礼)の文字がくっきりと!!

レスリーのコンサートはあと2つ、この復帰後のコンサートを来年にまとめる心憎い編集です。
これで、来年もイベントがあることは確実ですね。
レスリーで満たされた嬉しい思いを抱きながら大興奮の会場を後にしました。

画像


興奮ついでに会場に折りたたみ傘を忘れてきちゃいました…夢のようなひと時だったので、仕方ないとあきらめもつきます(笑)
 
この後夜11:40からテレビで「狼たちの絆」が放映されるので、駅で夜食を買ってせっせとホテルに帰り着いたら、11時半!間に合いました〜!
最後まで眠ることなくきっちり鑑賞!!


この日はコンサートも映画も私の好きなものだらけで、本来静かに追悼しなきゃいけない日なのに、こんなにニコニコしてていいのかと思うほど、レスリーに酔いしれた一日になりました。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月1日の香港(3) 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる