大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 上海へ行って来ました。

<<   作成日時 : 2015/01/14 01:15   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

10日からの連休を使って2泊3日の上海旅行をしてきました。

昨年秋に友人に誘われて初中国大陸上陸を決心、短い日程でしたが行きたい場所はほぼ全部回ってきました。

当地ではあちらに住んでいらっしゃる知人が、ほぼ全行程を一緒に付き合ってガイドをしてくださいました。
中国語が全く分からない我々の手となり足となり、まったく信じられない位の密着ガイドで大助かり!大感謝!!!
レスリーファンの行きたいところを事前にチェックしてくださるなど、その方のお蔭で最高のレスリー縁の地三昧をしてきました。

いきなり飛行機の出発が1時間も遅れたのですが、上海はやっぱり近いですね、4時頃にはレスリーファンの聖地、「漢源書店」に座っていました。
やはりレスリーファンの友人2名も同じ日程で上海入りだったので、とりあえず皆本屋で合流し、お茶しました。

画像


画像


この日は土曜日とあって店内はお客さんでいっぱい、本を読んだり友人たちとおしゃべりをしたりしていましたが、とても静かな穏やかな空間でした。
写真集でレスリーが座っていたソファ―には先客が居て写真は撮れませんでしたが、十分に光景を目に焼き付けてきました。
以前このソファーの柄が変わったと聞いたのですが、外からちらちら見る限りでは、また同じ模様に戻っているようでした。
この写真はその隣のテーブルの写真、窓から見る外の景色は同じようなものですよね。

聞くところによると、もうすぐこの本屋はなくなってしまうらしいです。
いつなくなるのかは分かりませんが、間に合ってよかったです。

ホットミルクティー、ちょっと甘めでしたが、美味しかったです。
画像


画像



その後、本屋から歩いて行かれる「瑞金飯店」へ。
「花の影」でレスリーがこのホテルの部屋を訪ねるシーンがあります。

画像


しかし現在改装中で、敷地内に入って見事な洋館を見学することはできるのですが、建物の中へは入ることが出来ませんでした。
外塀には「瑞金飯店」のプレートのほかに、「インターコンチネンタル」のプレートも掛けられていたので、今後はインターコンチになるのでしょうか。

画像


画像


広い敷地にゆっくりと贅沢に立っている洋館は、ライトアップのせいもあるかもしれませんが、とても美しくて、見ごたえありました。
この二階の左側の部屋が、レスリーが訪ねた部屋らしいです。

上海は、街の至る所にこうした美しい歴史的建造物があり、戦前のフランス租界時代に植えられたプラタナスの並木道なども美しく、とにかくきれいで可愛い建物がいっぱいの街です。


(上海レポート続きます)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上海へ行って来ました。 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる