大丈夫日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月の香港・下町散策

<<   作成日時 : 2016/06/24 23:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

長州島から戻った翌日、香港の下町へ出かけました。

最初に美味しいヌガーのお土産を買いに、美孚(メイフー)へ行きます。
地下鉄美孚駅を出てすぐのところに「多多餅店」というパン屋さんがありここのヌガーが美味しいと評判です。

画像

これがお店の看板です。
色々な種類のヌガーがあり、たくさん入った袋入りや少量の袋詰めなど、いろんなタイプがあるので、選びやすいです。
お味の方も、美味しいのはもちろん、あまり堅くないヌガーで食べやすかったです。

このお店はパン屋なので、朝早くから開いていて、お店のショーケースの中には沢山のケーキが並んでいました。
初めて香港を訪れた20年前、ケーキ屋さんに並んでいるケーキが今にも崩れそうにグタグタだったり、果物の色がにじんでいたり、まったく美味しそうに見えなかったのですが、最近は目で見て「美味しそ〜!」と思えるくらい、グレードが上がりました。きっと本当に美味しいんでしょうね。
画像


これは子豚の丸焼きではなく、チョコレートケーキ!です。
画像

さすが香港、こんなの作っちゃうんですね。
お値段は他のマンゴーケーキとかの5倍近くします、びっくり。

続いて深水捗へ。
ここでは香港の一番古い、パンとかお菓子の製造元「喜頓」(ガーデン)の工場へ行きます。
製造工程を見る…のではなく、ここはガーデンの博物館になっていて、1階に創立当時の工場の写真がたくさん並んでいて、今発売中のパンやクッキーなどのお菓子がたくさん並んでいました。
画像

大きなビルで、地下に工場があるそうです。

画像

玄関を入るとこんなエントランス。
博物館〜展示場は無料で入れます。

画像


この時期、ガーデンのパンを買ってシールを集めると、このトースターが当たるのだそうです。
レトロで可愛いトースターです。
画像


画像

もちろんここで買うことが出来ます。

丁度お昼の時間になったので、2階のレストランでランチを食べることにします。

いわゆる普通の洋食屋さんの雰囲気ですj。
レトロというか昭和な感じが、どこか懐かしいレストランです。

ランチセットは大蝦のパスタ、スープとデザートが付いて85ドル。
チョイスのスープは香港名物ボルシチを注文。
画像

さすがに自前のパンが超美味しい。

大きなエビがごろごろ入ったパスタ。
画像

香港のスパゲッティも捨てたもんじゃない、どころか充分美味しかったです。

デザートにゼリー。
画像

実はこれ、とても懐かしい味で…なんだっけ?なんだっけ?あ!ゼライス?!
みたいなゼリーでした。

とても落ち着いた感じの良いレストランでした。
たまには香港で洋食もいいですね。

続いて旺角へ。

町角でカンカンと音が響いているのでそちらを見たら、道端にテーブルを出して、おじさん達が何やら仕事中。
画像


薄いトタン板に透かし彫りをして看板を作っています。
画像

見事な手作業です。
これらは見本、ちゃんと文字に透かしの穴があけられています。
画像



次に行ったのは、「中國氷室」、ジョニー・ト−監督の映画「PTU」のロケ場所にもなった、有名な、日本風にいうところの昔の喫茶店です。

画像


「PTU」では2階席が出てきますが、この日は2階で幼稚園の課外授業(?)が行われていて、かわいい子たちが皆でお食事会。
余りに可愛かったので、一枚頂きました。
画像


2階から下への階段
画像


壁の古いタイルがめちゃくちゃカッコいいです。
画像


更に旺角では古い映画館の建物を鑑賞。
今ではほとんどなくなった大型の映画館で、最近ここが主役になった香港映画がありました。
「王家欣」という作品ですが、日本ではまだ映画祭でちょっと上映されただけです。
もし今後見る機会がありましたら、覚えておいてくださいね。
画像


「豪華戲院」という名前で、もちろん今も営業しています。
画像


画像

ロビーの照明など、北角の「新光戯院」に良く似ています。
きっと同じころに出来たのでしょうね。


下町散策、この日はこれまで。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月の香港・下町散策 大丈夫日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる